テディベアをあしらった「ミラージュ・ディンゴ」

2002.03.06 自動車ニュース

テディベアをあしらった「ミラージュ・ディンゴ」

三菱自動車は、「ミラージュディンゴ」に、独シュタイフ社の熊のぬいぐるみ「テディベア」をあしらった特別仕様車「シュタイフ・テディベア・エディション」(MIRAGE Dingo Steiff Teddy Bear Edition)を製作したことと、2002年2月27日に発表した。販売時期、価格などは未定。

「ミラージュディンゴ・シュタイフ・テディベア・エディション」は、「『テディベア』の魅力を随所に表現」(プレスリリース)した特別仕様車だ。
ボディ色は、「フォレスターグリーン」、内装はウッド調パネルをあしらった仕様で、テディベアが暮らす森をイメージ(!?)。インテリア各部にテディベアのイラストなどを配し、「お気に入りのテディベアと一緒にドライブできる楽しい空間」(同)を演出した。またスピードメーターには、シュタイフ社のロゴをが輝く。さらに、テディベア生誕100周年を記念したぬいぐるみ「シュタイフ・チャリティ・ベア・ラブ」がつくのは、ウレシイ特典といえよう。

(webCG オオサワ)

 
テディベアをあしらった「ミラージュ・ディンゴ」の画像

関連キーワード:
ミラージュ三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ミラージュG(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.13 試乗記 三菱の世界戦略を支えるコンパクトカー「ミラージュ」がマイナーチェンジ。上級グレード「G」の試乗を通して、世界93カ国で販売されるグローバルプロダクトの進化の度合いと、日本市場におけるライバルに対するアドバンテージを確かめた。
  • 三菱ミラージュ1.2G(FF/CVT)【試乗記】 2015.2.6 試乗記 三菱のコンパクトカー「ミラージュ」に、1.2リッターエンジンを搭載した新グレードが登場。試乗を通して、日本で求められるコンパクトカーのあり方を考えた。
  • 三菱ミラージュM(FF/CVT)【試乗記】 2012.10.31 試乗記 三菱ミラージュM(FF/CVT)
    ……118万8000円

    低燃費と低価格が自慢の新型「ミラージュ」。効率を極めたコンパクトカーが、次に目指すべきはなに? 湘南の海沿いを走りながら考えた。
  • 第79回:日本の国民車はなぜダサイ 2018.2.27 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第79回は「日本の国民車はなぜダサイ」。いま日本で売られているクルマで、一番いいモデルはどれか!? 筆者が“これぞ出色のデキ”と太鼓判を押すモデルを発表。脱・ダサ国民車のススメ。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.2.26 試乗記 スズキが誇る“ちっちゃなヨンク3兄弟”の最新モデル「クロスビー」。5ナンバーサイズに余裕でおさまる小柄なボディーと、ワゴン的にも使えるユーティリティーが自慢のコンパクトSUVは、実はマイカーとするうえで非常に悩ましい問題(?)を抱えていた。
ホームへ戻る