クライスラー「PTクルーザーコンバーチブル」、量産決定

2002.03.12 自動車ニュース

クライスラー「PTクルーザーコンバーチブル」、量産決定

ダイムラークライスラーは2002年3月5日、「ジュネーブモーターショー」において、「PTクルーザー」のオープンモデル「PTクルーザー・コンバーチブル・スタイリングスタディ」の量産化を発表した。

「PTクルーザー・コンバーチブル・スタイリングスタディ」は、2001年のニューヨークモーターショーで初公開された2ドア・4シーターのオープンモデル。同年の東京モーターショーにも参考出展されたことは記憶に新しい。量産モデルは、「PTクルーザーコンバーチブル」(欧州名カブリオ)と名前を変え、2004年初頭にはデリバリーされる予定という。生産は、メキシコのトルーカ工場で行われる。

クライスラーのコンパクトセダン「ネオン」をベースにしたハッチバック「PTクルーザー」は、2000年2月の販売開始以来、全世界で31万台(北米以外では4万7000台)を販売した。
「コンバーチブル」は、ルーフをなくし、かわりに電動式のソフトトップと、ロールバーを装着した仕様となる。気になる日本導入の可能性や時期などは明らかさにされていない。

(webCG オオサワ)

 
クライスラー「PTクルーザーコンバーチブル」、量産決定の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

PTクルーザーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)【試乗記】 2013.1.23 試乗記 クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)
    ……260万円

    ランチア改めクライスラーのバッジを付けて上陸した「イプシロン」。ブランドが変わっても、このクルマならではのワン&オンリーな魅力は変わらない。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • ランチア・イプシロン 0.9 ツインエア(FF/5MT)【試乗記】 2011.9.1 試乗記 ランチア・イプシロン 0.9 ツインエア(FF/5MT)
    ……263万5000円

    フルモデルチェンジで3代目に生まれ変わった「イプシロン」。“あの”ツインエアを搭載する走りに、ランチアらしさは感じられたのか?
  • 「フィアット500」に青い海をイメージした限定車登場 2017.3.15 自動車ニュース FCAジャパンは2017年3月15日、「フィアット500」に特別仕様車「MareBlu(マーレブル)」を設定し、同年3月25日に100台の台数限定で発売すると発表した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る