ポルシェのSUV「カイエン」はこれだ!

2002.03.14 自動車ニュース
 

ポルシェのSUV「カイエン」はこれだ!

独ポルシェAGは、2002年3月5日に開かれた「ジュネーブモーターショー」のプレスカンファレンスにおいて、フォルクスワーゲンと共同で開発中のSUV「カイエン」の写真を公開した。発売は2002年後半になる見込み。


写真上:NA仕様の「カイエンS」
写真下:450psを発生するターボエンジン搭載の「カイエンターボ」
 

「カイエン(Cayenne)」は、スポーツカーメーカーとして知られるポルシェが、ドイツの巨人、フォルクスワーゲンとともに開発した、同社初のSUVだ。スポーツカー基準の走行性能と悪路走破性をかね揃えつつ、さらにこれまでのSUVにない水準の乗り心地を実現したとというのが謳い文句。製造は、車体をドイツのライプツィヒ工場、エンジンは同じくドイツのツフェンハウゼンで行う。
ちなみに、日本語的にはやや難がありそうなネーミングは、世界各地で「痛快」「冒険心」「生きる喜び」を表す代名詞からとられた。


ターボのリアビュー。マフラーが左右2本ずつ、合計4本出しになっている。
 

ポルシェ伝統の水平対向エンジンではなく、新開発の4.5リッターV8ユニットが使われる。NA(340ps、42.8kgm)とターボ(450ps、63.2kgm)が用意され、前者を搭載するモデルが「カイエンS」、後者は「カイエンターボ」と呼ばれる。
両モデルとも、トランスミッションは6段ティプトロニック、駆動方式は、フルタイム4WDだ。


「カイエンS」のフロントマスクは、エアインレットが小さいことなどから、ターボよりややおとなしい。ホイール形状がターボと微妙に異なるのが、おわかりいただけるだろうか。
 

ボディサイズは、カイエンSが全長×全幅×全高=4782×1928×1699mm。カイエンターボは全長が4mm長くなる。ホイールベースは2855mm。ライバルBMWのSUV「X5 4.4i」(4665×1870×1705mm)より、ひとまわり大きい。

注目のパフォーマンスは、「カイエンS」が0-100km加速で7.2秒、最高速度は242km/h。「カイエンターボ」は0-100km加速5.6秒、最高速度266km/hという。

ルックスは、「過去に例のまったくない」(プレスリリース)ものだが、ツリ目のフロントランプ、低めのエンジンフードに、ポルシェのイメージが踏襲される。
Sとターボの見分け方は、ターボはフロントエアインレットが大きく、ボンネット左右両端に「パワードーム」と呼ばれる盛り上がりがあること。またSのマフラーが左右2本出しなのに対し、ターボのマフラーは左右2×2の4本出しとなる。


「カイエンS」のリアビュー。
 

装備面では、走行時の安定性を高める電子制御システム「PSM」(ポルシェスタビリティーマネージメントシステム)、オフロード走行時に威力を発揮する、前後アクスル間のディファレンシャルロック機構などを採用。さらに最大牽引重量を3500kgに設定、走りのみならず、SUVとしての使い勝手も忘れられていない。

日本への導入時期や、価格などは未定。

(webCG オオサワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カイエンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る