「CG DAY at 40」開催される

2002.03.18 自動車ニュース

「CG DAY at 40」開催される

2002年3月16、17日、東京は練馬区にある遊園地「としまえん」において、クルマ好きのお祭り「CG DAY at 40」が開催された。




「CG DAY」とは、自動車雑誌『CAR GRAPHIC』(以下CG)発行元の(株)二玄社と「CG CLUB」が主催するクルマ好きのためのお祭り。6回目の今年は、CG創刊40周年記念として、例年にも増して豪華なゲストとクルマが集まった。

数百人の観客を前に行われたトークショーには、“PF先生”ことポール・フレール氏、CG誌「Jabby's Column」でおなじみのジェラルド・クロンバック氏、アメリカ在住の自動車ジャーナリスト兼フォトグラファー、ジョン・ラム氏、CGを立ち上げた小林彰太郎氏らが壇上に上がり、40歳を迎えたCGとの馴れ初め話や今後期待することなどを語った。
またCGの姉妹誌「NAVI」のトークショーには、日産自動車デザイン本部 先行デザイン部でアソシエートチーフデザイナーをつとめる上田太郎氏、『カーグラフィックTV』のMCとしても知られる音楽プロデューサー、松任谷正隆氏らが出席し、自動車デザインについて活発な議論を繰り広げた。




普段なかなかお目にかかれない珍しいクルマに会えるのも、CG DAYならでは。としまえん内を1周するパレードには、「フォード・タイプA」「ランボルギーニ・ミウラ」「フェラーリ250GTO」「ルノー・サンク・ターボII」「マクラーレンF1 GTR」などなど、そうそうたる名車たちが参加した。

4月下旬並みの暖かい陽気に恵まれた「CG DAY at 40」。詳報は後日。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。