【Movie】「CG Day at 40」に集まったレア車達

2002.03.23 自動車ニュース
【Movie】「CG Day at 40」に集まったレア車達

【Movie】「CG Day at 40」に集まったレア車達

2002年3月16日と17日、豊島園遊園地で開催されたCG Day at 40」には、博物館でしか見られないような、珍しいクルマが数多く展示された。




【Movie】「CG Day at 40」に集まったレア車達

展示されたクルマは、歴史的にも重要なクルマばかりだ。
たとえば「フェラーリ 250GTO」は、36台しか生産されなかったコンペティションカー。さすがに人気が高く、写真を撮る人、じっくり眺める人が大勢見られた。
他にも、「アルファロメオ ティーポ33」や「デ・トマソ パンテーラ」、かつてのWRCチャンピオンマシン「ランチアラリー037」、世界初の横置きミドシップを試みた、流麗なベルトーネボディを纏う「ランボルギーニ ミウラ」など。市販車からレースマシン、クラシックカーが展示場に並んだ。

動画でお送りします。

【「CG Day at 40」のレア車達 その1】




【Movie】「CG Day at 40」に集まったレア車達

【「CG Day at 40」のレア車達 その2】




【Movie】「CG Day at 40」に集まったレア車達

【「CG Day at 40」のレア車達 その3】




【Movie】「CG Day at 40」に集まったレア車達

【「CG Day at 40」のレア車達 その4】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。