ホンダ、「インテグラタイプR」によるワンメイクレース始まる

2002.03.26 自動車ニュース

ホンダ、「インテグラタイプR」によるワンメイクレース始まる

ホンダ「インテグラ」のスポーツモデル「タイプR」によるワンメイクレース「ベルノ エキサイティング カップ インテグラ ワンメイクレース」が、2002年3月23日と24日に三重県は鈴鹿サーキットで開催された。

従来までは「シビック」によるワンメイクレースを開催していた本田技研工業だったが、2002年から車両を「インテグラ タイプR」にスイッチ、「ベルノ エキサイティング カップ インテグラ ワンメイクレース」として再スタートした。
インテグラワンメイクレースは、3つのシリーズから成る。全国を東西の2シリーズに分けた「東日本シリーズ」と「西日本シリーズ」が年間各9戦。全国を転戦する「インターシリーズ」は、年間6戦となる。

今回開催されたのは、鈴鹿サーキットでのインターシリーズ第1戦。25台のマシンによる10周のレースは、予選2位の黒木健次が優勝。2位に幸内秀憲、3位和田則久が入った。今後は、2002年4月6日と7日に、富士スピードウェイで東日本シリーズが、4月13日と14日に、TIサーキットで西日本シリーズが、順次開催される予定という。
さらに、これら3シリーズの上位ランキングドライバーによるビッグレース、「F1日本GP サポートレース“チャレンジカップ”(予定)」が、2002年10月11日から13日の日程で開催される。

レース日程など詳しいことは、「ホンダワンメイクレースアソシエーション」のホームページ(http://www.hoa.jp/)を参照されたし。

(webCGオオサワ)

 
ホンダ、「インテグラタイプR」によるワンメイクレース始まるの画像

関連キーワード:
インテグラホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記 320psのパワーと400Nmのトルクを誇る新型「ホンダ・シビック タイプR」。その速さはもはや“FFのスーパーカー”と呼ぶべきものだ。ニュルブルクリンクの北コースを7分43秒80で駆け抜けたその次は、一体どこに向かおうとしているのだろうか?
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
ホームへ戻る