新型ベントレー「アルナージR」デビュー

2002.03.27 自動車ニュース

新型ベントレー「アルナージR」デビュー

ベントレーモーターズジャパンは、超高級サルーン「アルナージ」の新型モデル「アルナージR」の予約受け付けを、2002年3月25日から開始すると発表した。2785.0万円。販売は同年7月から。

現在、ベントレーは、4ドアサルーンの「アルナージ」、2ドアクーペの「コンチネンタル」、オープンモデルたる「アズール」でラインナップが構成される。
アルナージは、ロールスロイス「シルバーセラフ」の姉妹車。ただしエンジンは、BMW製V12を搭載するシルバーセラフに対し、こちらは伝統の6.75リッターV8 OHVにターボを装着したものだ。

2002年1月、アルナージの「シリーズ2」モデル、450psの「アルナージT」(2995.0万円)がデビュー。「アルナージR」はシリーズ2の第2弾にあたる。「T」より若干ソフトなモデル、という位置付けで、「アルナージ・レッドレーベル」の後継モデルにあたる。リアのトランク一体型スポイラーが、控えめな識別点だ。

ベントレー伝統のV8ターボは、アルナージTのものを改良およびデチューン。最高出力400bhp/4000rpm、最大トルク85.2kgm/3250rpmを発生。慣性質量の小さい2基のターボチャージャーを採用し、シャープなレスポンスを実現したという。メーカー公表の最高速度は248km/h、0-60mphは5.9秒だ。
従来のアルナージと同じ4段ATを介し、後輪を駆動する。

シャシー面でのレッドレーベルとの違いは、サスペンションのスプリングをわずかに柔らかくする一方、フロントのアンチロールバーを太くし、さらにリアにも追加したこと。これにより、コーナリング時のボディの動きを的確にコントロールできるようになり、快適性の向上が図られたという。アンチスピンデバイスたる「ESP」の搭載もニュースだ。

装備面では、コノリーレザー、ウィルトンカーペットなどをインテリアに多用。さらに自動室内温度調節、ヒーター内蔵の電動シート、クルーズコントロール、ボディ前後に備わるソナーなどを標準装備する。安全装備は、前後席SRSエアバッグ、プリテンショナーとウェビングロック機構の付いた前席シートベルトなど装着する。

プレスリリースは、以下の文章で締めくくられていた。

個人注文部門の優れた技術者たちのお陰で、ベントレーはカストマーのどのような希望にも、どのような特別仕様の注文にも応じることができます。ベントレーの技術者たちは、クルーの工場で世代を越えて受け継がれてきた優れた技術で、車の中でも仕事をする必要のある重役たちのために、膨大なウッドや皮革のリストから選定した素材を使用しつつ、完全な機能を備えたオフィスを車内に作り上げることさえできるのです。

(webCG 有吉)

「Bentley Motors」:
http://www.bentleymotors.co.uk/

 
新型ベントレー「アルナージR」デビューの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る