【Movie】「レンジローバー」フルモデルチェンジ

2002.04.03 自動車ニュース
 
【Movie】「レンジローバー」フルモデルチェンジ

「レンジローバー」フルモデルチェンジ

2002年4月2日、ランドローバージャパンは、フルモデルチェンジを受けたクロスカントリー「レンジローバー」を発表した。同日から予約受付を開始、デリバリーは7月6日からを予定する。


発表会で挨拶を述べる、ランドローバージャパン社長クリストファー・K.エリス氏
 
【Movie】「レンジローバー」フルモデルチェンジ

■拡大したボディ

クロスカントリーとしての悪路走破性と、高級ワゴンの快適性を両立させることを目的として、1970年にデビューした「レンジローバー」。誕生から32年目に、8年ぶりのモデルチェンジを果たし、3代目へと生まれ変わった。モノコックボディにBMW製V8を積み、4輪独立懸架のサスペンションを持つという、レンジローバーとして革命的な進化を遂げた。

ランドローバージャパン代表のクリストファー・K.エリス氏は、新型レンジローバーについて「オンロード性能とオフロード性能の両立を、新たなレベルで達成した」と胸を張る。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4950(4715)×1955(1890)×1865(1810)mm、ホイールベース=2880(2740)mm(カッコ内は先代)。先代と較べて、ひとまわり以上大きくなった。最上級「VOGUE」の車重は2500kg。サイズも重さも、ヘビー級。

水平垂直ラインを基調とするエクステリアデザインや、上下2分割のテールゲートなどは先代のイメージを踏襲した。ピラー類をブラックアウトし、あたかも浮かんでいるかのように見える“フローティング”ルーフも、もちろん引き継がれた。大きく変わったのは、前後ライトのデザイン。旧型は四角いライト形状だったが、新型はヘッドランプもテールランプも、透明で四角い外枠の内部に、丸形のライトが2個配置されるかたち。大きなグリルはそのままに、ギョロっとした目になった新顔には、独特の凄みがある。



 
【Movie】「レンジローバー」フルモデルチェンジ

■ハイテク満載

パワーユニットは、ついにビュイック由来の「ローバーV8」を捨て、今度はBMW開発の4.4リッターV8 DOHCエンジン(286ps/5400rpm、44.9kgm/3600rpm)を採用した。先代より排気量が150cc小さくなったものの、DOHC32バルブのヘッドメカニズムを持ち、パワーで68ps、トルクで4.1kgm向上した。
駆動方式は、いうまでもなくフルタイム4WD。トランスミッションはハイ/ローのデュアルレンジを備える5段AT。副変速機は、ハイのギア比を1:1、ローレンジでは2.694:1に設定、悪路走破性に配慮する。デュアルレンジの切り替えは、走行中も可能。ただし速度は、ハイからローへは16km/h以下、ローからハイへは48km/h以下と限られる。また、シフトレバーを前後してギアを変えることができる「コマンドシフト」機構が採用されたのも新しい。



 
【Movie】「レンジローバー」フルモデルチェンジ

サスペンションは、エアスプリングが備わる前後リジッドから四輪独立懸架式となり、オンロード向け指向を明確にした。その分(?)前後のデフを上方へ移動し、より高い地上高を確保したという。形式は、フロントがマクファーソンストラット、リアはダブルウィッシュボーン。全モデルに、電子制御による相互関連電子エアサスペンション「EAS」を採用した。これは、地形感知ソフトウェアによって、車両が路面状況を判断、オフロードでは柔らかな乗り心地に、オンロードでは、しっかりした乗り心地になる仕組みのことだ。

さらに、走行性能を高める電子制御として、車両を安定させる「DSC」(ダイナミックスタビリティコントロール)、緊急時のブレーキをアシストする「EBA」(エマージェンシーブレーキアシスト)、フロントとリアのブレーキ圧を等しくして、前方への加重移動を補正する「EBD」(電子調節ブレーキディストリビューション)などを装備する。



 
【Movie】「レンジローバー」フルモデルチェンジ

■795.0万円から

グレードは、従来型と同じ3種類をそろえる。
最上級「VOGUE」は、19インチタイヤを装着、内装には、専用シート「オックスフォードレザーシート」や、後席シートヒーター、そしてなんとステアリングホイールにもヒーターが装備される(!)豪華ぶりだ。
主力モデル「HSE」は、電動調節式レザーシートや、ナビゲーションなどを標準装備した中堅モデル。
シート生地がファブリックで、ナビゲーションなどが装備されないベースグレードの「SE」は、受注生産となる。

価格は、SEが795.0万円、HSEが875.0万円、VOGUEは985.0万円。

(webCG オオサワ)

【Movie】新型レンジローバー発表会

関連記事
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタート
    2017.5.8 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年5月8日、新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注を開始した。第5世代にあたる新型ディスカバリーは、2016年9月のパリモーターショーで世界初公開されていた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
ホームへ戻る