【Movie】「レンジローバー」フルモデルチェンジ

2002.04.03 自動車ニュース
 
【Movie】「レンジローバー」フルモデルチェンジ

「レンジローバー」フルモデルチェンジ

2002年4月2日、ランドローバージャパンは、フルモデルチェンジを受けたクロスカントリー「レンジローバー」を発表した。同日から予約受付を開始、デリバリーは7月6日からを予定する。


発表会で挨拶を述べる、ランドローバージャパン社長クリストファー・K.エリス氏
 
【Movie】「レンジローバー」フルモデルチェンジ

■拡大したボディ

クロスカントリーとしての悪路走破性と、高級ワゴンの快適性を両立させることを目的として、1970年にデビューした「レンジローバー」。誕生から32年目に、8年ぶりのモデルチェンジを果たし、3代目へと生まれ変わった。モノコックボディにBMW製V8を積み、4輪独立懸架のサスペンションを持つという、レンジローバーとして革命的な進化を遂げた。

ランドローバージャパン代表のクリストファー・K.エリス氏は、新型レンジローバーについて「オンロード性能とオフロード性能の両立を、新たなレベルで達成した」と胸を張る。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4950(4715)×1955(1890)×1865(1810)mm、ホイールベース=2880(2740)mm(カッコ内は先代)。先代と較べて、ひとまわり以上大きくなった。最上級「VOGUE」の車重は2500kg。サイズも重さも、ヘビー級。

水平垂直ラインを基調とするエクステリアデザインや、上下2分割のテールゲートなどは先代のイメージを踏襲した。ピラー類をブラックアウトし、あたかも浮かんでいるかのように見える“フローティング”ルーフも、もちろん引き継がれた。大きく変わったのは、前後ライトのデザイン。旧型は四角いライト形状だったが、新型はヘッドランプもテールランプも、透明で四角い外枠の内部に、丸形のライトが2個配置されるかたち。大きなグリルはそのままに、ギョロっとした目になった新顔には、独特の凄みがある。



 
【Movie】「レンジローバー」フルモデルチェンジ

■ハイテク満載

パワーユニットは、ついにビュイック由来の「ローバーV8」を捨て、今度はBMW開発の4.4リッターV8 DOHCエンジン(286ps/5400rpm、44.9kgm/3600rpm)を採用した。先代より排気量が150cc小さくなったものの、DOHC32バルブのヘッドメカニズムを持ち、パワーで68ps、トルクで4.1kgm向上した。
駆動方式は、いうまでもなくフルタイム4WD。トランスミッションはハイ/ローのデュアルレンジを備える5段AT。副変速機は、ハイのギア比を1:1、ローレンジでは2.694:1に設定、悪路走破性に配慮する。デュアルレンジの切り替えは、走行中も可能。ただし速度は、ハイからローへは16km/h以下、ローからハイへは48km/h以下と限られる。また、シフトレバーを前後してギアを変えることができる「コマンドシフト」機構が採用されたのも新しい。



 
【Movie】「レンジローバー」フルモデルチェンジ

サスペンションは、エアスプリングが備わる前後リジッドから四輪独立懸架式となり、オンロード向け指向を明確にした。その分(?)前後のデフを上方へ移動し、より高い地上高を確保したという。形式は、フロントがマクファーソンストラット、リアはダブルウィッシュボーン。全モデルに、電子制御による相互関連電子エアサスペンション「EAS」を採用した。これは、地形感知ソフトウェアによって、車両が路面状況を判断、オフロードでは柔らかな乗り心地に、オンロードでは、しっかりした乗り心地になる仕組みのことだ。

さらに、走行性能を高める電子制御として、車両を安定させる「DSC」(ダイナミックスタビリティコントロール)、緊急時のブレーキをアシストする「EBA」(エマージェンシーブレーキアシスト)、フロントとリアのブレーキ圧を等しくして、前方への加重移動を補正する「EBD」(電子調節ブレーキディストリビューション)などを装備する。



 
【Movie】「レンジローバー」フルモデルチェンジ

■795.0万円から

グレードは、従来型と同じ3種類をそろえる。
最上級「VOGUE」は、19インチタイヤを装着、内装には、専用シート「オックスフォードレザーシート」や、後席シートヒーター、そしてなんとステアリングホイールにもヒーターが装備される(!)豪華ぶりだ。
主力モデル「HSE」は、電動調節式レザーシートや、ナビゲーションなどを標準装備した中堅モデル。
シート生地がファブリックで、ナビゲーションなどが装備されないベースグレードの「SE」は、受注生産となる。

価格は、SEが795.0万円、HSEが875.0万円、VOGUEは985.0万円。

(webCG オオサワ)

【Movie】新型レンジローバー発表会

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る