ボルボ75周年モデル、「V40」「V70」に

2002.04.04 自動車ニュース

ボルボ75周年モデル、「V40」「V70」に

ボルボカーズジャパンは、ボルボ生誕75周年を記念した特別仕様車「75thアニバーサリー」を、ステーションワゴン「V40 T-4」「V70 2.4」に設定、2002年4月2日に発売した。

●「ボルボV40 T-4 75thアニバーサリー」
2リッター直4DOHC16バルブ・ハイプレッシャーターボ(200ps/5500rpm、30.6kgm/2500-4000rpm)搭載の「V40 T-4」がベース。ボルボの日本仕様車としては初めてという「ブラックベゼル・キセノンヘッドライト」を採用したのがポイントとなる。
価格は、395.0万円。販売台数は、200台限定となる。

・主な専用装備
ボディ同色モールディング/レザーシート(色は「アリーナ」)/クロームドアハンドル/クロームテールゲイトプッシュボタン/16インチBBS製「Crater」アルミホイール/「75th Anniversary」エンブレム/「75th Anniversary」ロゴ入りフロアマット/スポーティメーターパネル
・主な特別装備
スポーティレザーステアリング/ルーフスポイラー/電動ガラスサンルーフ/クルーズコントロール/フロントパワーシート/ハイパフォーマンススピーカーシステム/CD/MD付きAM/FMステレオ

●「ボルボV70 2.4 75thアニバーサリー」(写真上下)
可変バルブタイミング機構が付いた2.4リッター直5DOHC 20バルブエンジン(170ps/5900rpm、23.5kgm/4500rpm)を搭載した「V70 2.4」がベース。高出力ハイパワーアンプ、高性能8スピーカーなどを備えるCD/MDプレーヤー内蔵AM/FMステレオ「ハイパフォーマンスオーディオシステム」などが特徴的な装備だ。
価格は495.0万円、750台の限定販売。

・主な専用装備
ボディ同色モールディング/スポーツレザーシート(色は「アリーナ」)/17インチ「Sentinal」アルミホイール/「75th Anniversary」エンブレム/「75th Anniversary」ロゴ入りフロアマット
・主な特別装備
アルミニウムインテリアパネル/ルーフスポイラー/電動ガラスサンルーフ/レザーギアシフトノブ/フロントパワーシート

(webCG 有吉)

 
ボルボ75周年モデル、「V40」「V70」にの画像


 
ボルボ75周年モデル、「V40」「V70」にの画像
関連記事
  • 第33回:ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • ボルボV40 R-DESIGNカーボンエディション(FF/8AT)【レビュー】 2015.12.11 試乗記 ボルボの創業88周年を記念して、国内88台限定で設定された「V40 R-DESIGNカーボンエディション」。“ディーゼル推し”が鮮明なボルボのラインナップにおいて異彩を放つ、スポーツハッチに試乗した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • 第34回:ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
  • ディーゼルの「ボルボV40」にスポーティーな限定車 2017.1.25 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年1月25日、スポーティーな装備を特徴とする特別仕様車「V40 D4 R-DESIGNポールスターエディション」を発表。同日、150台限定で発売した。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGN(ポールスター・パフォーマンス・パッケージ装着車)(FF/8AT)【試乗記】 2015.12.25 試乗記 台数限定ではもったいない? 「ボルボV40」のディーゼルモデルにスポーティーな意匠とサスペンションチューニングが特徴の「R-DESIGN」が200台限定で登場。純正ROMチューンの「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」が施された車両に試乗し、その実力を確かめた。
  • ディーゼルのボルボV40にスポーティーな限定車 2015.12.8 自動車ニュース 200台限定。スポーティーなデザインと走りの「ボルボV40 D4 R-DESIGN」登場。
ホームへ戻る