ボルボ75周年モデル、「V40」「V70」に

2002.04.04 自動車ニュース

ボルボ75周年モデル、「V40」「V70」に

ボルボカーズジャパンは、ボルボ生誕75周年を記念した特別仕様車「75thアニバーサリー」を、ステーションワゴン「V40 T-4」「V70 2.4」に設定、2002年4月2日に発売した。

●「ボルボV40 T-4 75thアニバーサリー」
2リッター直4DOHC16バルブ・ハイプレッシャーターボ(200ps/5500rpm、30.6kgm/2500-4000rpm)搭載の「V40 T-4」がベース。ボルボの日本仕様車としては初めてという「ブラックベゼル・キセノンヘッドライト」を採用したのがポイントとなる。
価格は、395.0万円。販売台数は、200台限定となる。

・主な専用装備
ボディ同色モールディング/レザーシート(色は「アリーナ」)/クロームドアハンドル/クロームテールゲイトプッシュボタン/16インチBBS製「Crater」アルミホイール/「75th Anniversary」エンブレム/「75th Anniversary」ロゴ入りフロアマット/スポーティメーターパネル
・主な特別装備
スポーティレザーステアリング/ルーフスポイラー/電動ガラスサンルーフ/クルーズコントロール/フロントパワーシート/ハイパフォーマンススピーカーシステム/CD/MD付きAM/FMステレオ

●「ボルボV70 2.4 75thアニバーサリー」(写真上下)
可変バルブタイミング機構が付いた2.4リッター直5DOHC 20バルブエンジン(170ps/5900rpm、23.5kgm/4500rpm)を搭載した「V70 2.4」がベース。高出力ハイパワーアンプ、高性能8スピーカーなどを備えるCD/MDプレーヤー内蔵AM/FMステレオ「ハイパフォーマンスオーディオシステム」などが特徴的な装備だ。
価格は495.0万円、750台の限定販売。

・主な専用装備
ボディ同色モールディング/スポーツレザーシート(色は「アリーナ」)/17インチ「Sentinal」アルミホイール/「75th Anniversary」エンブレム/「75th Anniversary」ロゴ入りフロアマット
・主な特別装備
アルミニウムインテリアパネル/ルーフスポイラー/電動ガラスサンルーフ/レザーギアシフトノブ/フロントパワーシート

(webCG 有吉)

 
ボルボ75周年モデル、「V40」「V70」にの画像


 
ボルボ75周年モデル、「V40」「V70」にの画像

関連キーワード:
V40V70ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • 第6回:「ボルボV40」試乗インプレッション 2014.9.22 最新ボルボで 爽快ドライブ! ボルボV40 T4 SE(FF/6AT) ボルボファミリーの中で、好調なセールスが伝えられるコンパクトハッチバックの「V40」。その実力は、どれほどのものなのか? 東京~伊勢・志摩間での試乗インプレッションを報告する。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • 第2回:実力検証! 「ボルボV40 T3」 2018.4.12 ボルボV40 解体新書 ボルボのコンパクトハッチバック「V40」には、ユーザーのニーズを踏まえたさまざまなモデルがラインナップされている。今回はその中から、ガソリンエンジン搭載車の「T3モメンタム」をピックアップ。装備の内容や走りの質を検証した。
ホームへ戻る