ボルボ75周年モデル、「V40」「V70」に

2002.04.04 自動車ニュース

ボルボ75周年モデル、「V40」「V70」に

ボルボカーズジャパンは、ボルボ生誕75周年を記念した特別仕様車「75thアニバーサリー」を、ステーションワゴン「V40 T-4」「V70 2.4」に設定、2002年4月2日に発売した。

●「ボルボV40 T-4 75thアニバーサリー」
2リッター直4DOHC16バルブ・ハイプレッシャーターボ(200ps/5500rpm、30.6kgm/2500-4000rpm)搭載の「V40 T-4」がベース。ボルボの日本仕様車としては初めてという「ブラックベゼル・キセノンヘッドライト」を採用したのがポイントとなる。
価格は、395.0万円。販売台数は、200台限定となる。

・主な専用装備
ボディ同色モールディング/レザーシート(色は「アリーナ」)/クロームドアハンドル/クロームテールゲイトプッシュボタン/16インチBBS製「Crater」アルミホイール/「75th Anniversary」エンブレム/「75th Anniversary」ロゴ入りフロアマット/スポーティメーターパネル
・主な特別装備
スポーティレザーステアリング/ルーフスポイラー/電動ガラスサンルーフ/クルーズコントロール/フロントパワーシート/ハイパフォーマンススピーカーシステム/CD/MD付きAM/FMステレオ

●「ボルボV70 2.4 75thアニバーサリー」(写真上下)
可変バルブタイミング機構が付いた2.4リッター直5DOHC 20バルブエンジン(170ps/5900rpm、23.5kgm/4500rpm)を搭載した「V70 2.4」がベース。高出力ハイパワーアンプ、高性能8スピーカーなどを備えるCD/MDプレーヤー内蔵AM/FMステレオ「ハイパフォーマンスオーディオシステム」などが特徴的な装備だ。
価格は495.0万円、750台の限定販売。

・主な専用装備
ボディ同色モールディング/スポーツレザーシート(色は「アリーナ」)/17インチ「Sentinal」アルミホイール/「75th Anniversary」エンブレム/「75th Anniversary」ロゴ入りフロアマット
・主な特別装備
アルミニウムインテリアパネル/ルーフスポイラー/電動ガラスサンルーフ/レザーギアシフトノブ/フロントパワーシート

(webCG 有吉)

 
ボルボ75周年モデル、「V40」「V70」にの画像


 
ボルボ75周年モデル、「V40」「V70」にの画像

関連キーワード:
V40V70ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ボルボV40」にナビ付きで299万円の特別仕様車が登場 2017.12.28 自動車ニュース 「ボルボV40」に100台限定の特別仕様車「V40 T2ナビエディション」が登場。エントリーグレードの「T2キネティック」をベースに、HDDナビゲーションシステムと純正ドライブレコーダーを標準装備している。価格はベース車から据え置きの299万円。
  • BMW G310GS(MR/6MT)【レビュー】 2017.12.23 試乗記 BMWの世界戦略を担う小排気量モデル「G310」シリーズ。その第2弾として、BMW得意のアドベンチャースタイルをまとう「G310GS」が登場した。圧巻のブランド力を誇る、“GS”という看板を背負った最新モデルのライドフィールを一言で表すと?
  • 第5回:伊勢・志摩のドライブシーンを写真で紹介 2014.9.18 最新ボルボで 爽快ドライブ! ボルボで名だたる道を駆け、あこがれの場所に行く。その風景を写真で紹介する。
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
  • 第7回:「XC60」で行く吉田由美の爽快ドライブ 2018.1.9 徹底検証! ボルボXC60 カーライフエッセイストの吉田由美が新型「ボルボXC60」で、東京近郊の渓谷までドライブ。9年ぶりにフルモデルチェンジしたボルボの売れ筋SUVはどんなクルマに仕上がっているのか、その走りや使い勝手について詳しく報告する。
ホームへ戻る