ランドローバー「フリーランダー」、最新モデル発売

2002.04.05 自動車ニュース

ランドローバー「フリーランダー」、最新モデル発売

ランドローバージャパンは、小型オフローダー「フリーランダー」の最新モデルを、2002年3月30日に発売した。

ランドローバーの“末弟”である「フリーランダー」は、1997年に登場したコンパクトな4×4モデル。日本では2001年2月3日から販売が開始された。2002年モデルとも言うべき最新型は、インテリアトリムやエクステリアデザインに変更が加わった。

外装は、前後バンパーやホイールアーチを、従来のグレーからブラックに変更。リアインジケーターランプとボディ側面のウインカーランプは、オレンジ色から「クリアスモーク」に変わった。ボディ色には、「ヴィエナ・グリーン」「ザンベジ・シルバー」「ホワイト・ゴールド」の3色を追加、全10色とした。
インテリアは、現行の明るいグレー「スモークストン」のトリムカラーに、ブラックを追加。最上級グレード「5ドア ES」は、この2色のうちどちらかの本革内装、またエントリーモデルの「5ドア S」は、この2色にマール地かキャンバス地を組み合わせた「クロスシート」を採用した。スポーティな「3ドア GS」は、組み合わされる生地が「ジャングル」か「トレック柄」となる。

さらに、追加されたブラックのインテリアに合わせて、センターコンソール、メーターまわりも黒に統一。ヒーターコントロールやスピーカーの周囲は、3ドアモデルが「ガンメタリック」、5ドアモデルは黒に変更された。インパネのデザインも、黒地に白のグラフィックとなり、表示フォントのデザインを変更、スポーティさを強調したという。

価格は据え置かれた。5ドア Sが295.0万円、3ドア GSが315.0万円、最上級モデルの5ドア ESは、335.0万円。

詳しくは、フリーダイヤル:0120-18-5568まで。

(webCG オオサワ)

 
ランドローバー「フリーランダー」、最新モデル発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2016.3.18 試乗記 最高出力550psの過給機付き5リッターV8エンジンを搭載し、オンロードでの動力性能を突き詰めた「ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR」。強烈なパフォーマンスとランドローバーならではの上質感が織り成す、走りの魅力に触れた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る