トヨタ「ラウム」一部改良

2002.04.09 自動車ニュース

トヨタ「ラウム」一部改良

トヨタは 小型2ボックス「ラウム」を一部改良するとともに、特別仕様車「セパレート“Wiseセレクション”」を設定し、2002年4月8日から販売を開始した。

今回の改良では、FF車の環境性能向上が図られた。窒素酸化物、炭化水素の排出を低減し、国土交通省「平成12年基準排出ガス25%低減レベル」の認定を受けた。
外観上の変更点は、ボディ色に「シャンパンメタリック」と「ライトアクアメタリックオパール」を追加したこと。さらにホイールキャップを新意匠のものとした。内装では、前席が分かれる「セパレート」シート仕様車に、ファブリック生地を採用した。
価格は、「セパレート」標準仕様(FF)の149.8万円から、いわゆるベンチシートを載せる「ペアベンチ」Sパッケージ(4WD)の186.8万円まで。

なお同様の改良は、お年よりや障害者の方向けの福祉車両「ウェルキャブ」にも実施された。

特別仕様車「ラウム・セパレート“Wiseセレクション”」は、上質感を謳うモデルだ。「セパレート」をベースに、ボディ色に専用の「シルキーホワイトトーニング」を含む全5色を設定。バンパー、サイドプロテクションモール、ドアハンドルをボディ同色としたほか、専用デザインのメッキラジエーターグリルなどを与えた。
内装はアイボリーの専用色、シート表皮やドアトリム表皮も専用で、ファブリック巻きのヘッドレストが備わる。加えて、赤外線式ワイヤレスドアロック、クリーンエアフィルター、電動格納式カラードドアミラーなど快適装備を採用した。
特別仕様車の価格は、2WDが149.8万円、4WDは169.8万円。

(webCG オオサワ)

 
トヨタ「ラウム」一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • 【デトロイトショー2017】レクサス、最上級セダンの新型LSを世界初公開NEW 2016.12.9 自動車ニュース レクサスがデトロイトショーで最上級セダンの新型「LS」を世界初公開すると発表した。5代目となる新型LSは、車体に「新GA-L」と呼ばれるプラットフォームを採用。ブランドの最上級車種にふさわしい先見的なテクノロジーを採用しているという。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
ホームへ戻る