トヨタ「ラウム」一部改良

2002.04.09 自動車ニュース

トヨタ「ラウム」一部改良

トヨタは 小型2ボックス「ラウム」を一部改良するとともに、特別仕様車「セパレート“Wiseセレクション”」を設定し、2002年4月8日から販売を開始した。

今回の改良では、FF車の環境性能向上が図られた。窒素酸化物、炭化水素の排出を低減し、国土交通省「平成12年基準排出ガス25%低減レベル」の認定を受けた。
外観上の変更点は、ボディ色に「シャンパンメタリック」と「ライトアクアメタリックオパール」を追加したこと。さらにホイールキャップを新意匠のものとした。内装では、前席が分かれる「セパレート」シート仕様車に、ファブリック生地を採用した。
価格は、「セパレート」標準仕様(FF)の149.8万円から、いわゆるベンチシートを載せる「ペアベンチ」Sパッケージ(4WD)の186.8万円まで。

なお同様の改良は、お年よりや障害者の方向けの福祉車両「ウェルキャブ」にも実施された。

特別仕様車「ラウム・セパレート“Wiseセレクション”」は、上質感を謳うモデルだ。「セパレート」をベースに、ボディ色に専用の「シルキーホワイトトーニング」を含む全5色を設定。バンパー、サイドプロテクションモール、ドアハンドルをボディ同色としたほか、専用デザインのメッキラジエーターグリルなどを与えた。
内装はアイボリーの専用色、シート表皮やドアトリム表皮も専用で、ファブリック巻きのヘッドレストが備わる。加えて、赤外線式ワイヤレスドアロック、クリーンエアフィルター、電動格納式カラードドアミラーなど快適装備を採用した。
特別仕様車の価格は、2WDが149.8万円、4WDは169.8万円。

(webCG オオサワ)

 
トヨタ「ラウム」一部改良の画像

関連キーワード:
ラウムトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • トヨタGRシリーズ試乗会(前編)【試乗記】 2017.9.21 試乗記 2017年9月以降、トヨタがスポーツコンバージョンモデルの開発を一段と本格化させる。その製品群「GR」シリーズとはどんなモデルなのか。今後展開される10車種に試乗、それぞれの走りを前後2編に分けて報告する。
  • トヨタGRシリーズ【開発者インタビュー】 2017.9.19 試乗記 トヨタが、モータースポーツ直系のスポーツコンバージョンモデル「GR」シリーズの展開をスタート。そこにはどんなねらいがあり、今後はどのような戦略で取り組んでいくのか? 関係者に話を聞いた。
  • ホンダ・グレイス ハイブリッドEX モデューロパーツ装着車(FF/7AT) 2017.9.13 ホンダ・グレイスで試すModuloの神髄<PR> ホンダの純正アクセサリーブランド「Modulo(モデューロ)」のアイテムが装着された、白い「ホンダ・グレイス」。このクルマが持つ、落ち着いた乗り味と爽快な走りを支えるものとは? 上質なヨーロピアン・ライドを追求する“モデューロの哲学”の源泉を探った。
  • ホンダN-BOXプロトタイプ/N-BOXカスタム プロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
ホームへ戻る