三菱、北米向け新型SUV「アウトランダー」発表

2002.04.09 自動車ニュース

三菱、北米向け新型SUV「アウトランダー」発表

三菱自動車の米国販売店、ミツビシ・モーター・セールス・オブ・アメリカ(MMSA)は、2002年3月27日から開催中の第102回ニューヨークモーターショーにおいて、北米市場向けの新型SUV「アウトランダー(OUTLANDER)」を世界初公開した。発売は2002年夏頃を予定する。

「アウトランダー」は、2001年6月、「次世代クロスオーバーRV」として日本でデビューした「エアトレック」の姉妹車だ。エアトレックより140mm長く、55mm高いボディに、電子制御燃料噴射装置「ECI-MULTI」を備える2.4リッター直4エンジン(140ps/5000rpm、21.7kgm/2500rpm)を搭載する。
トランスミッションは、シフターを動かすことでマニュアル感覚の操作ができる「INVECS-II スポーツモード付き」の4段AT「Sportronic Transmission」。コラムシフトのエアトレックに対し、アウトランダーはフロアシフトとなる。駆動方式は、2WDに加え、センターデフ+ビスカスカプリング式のフルタイム4WDを用意。街乗りと悪路両面に対応する。

発売時期は2002年8月から、順次北米市場へ投入する。目標販売台数は、年4万台という。

(webCG 有吉)

 
三菱、北米向け新型SUV「アウトランダー」発表の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る