富士で「グラチャン」復活

2002.04.10 自動車ニュース

富士で「グラチャン」復活

富士スピードウェイ(株)は2002年4月6日、独自の新レースシリーズ「GC-21スポーツカーレース」を2002年度から開始すると発表した。1970-80年代にかけて“グラチャン”の愛称で人気を博したスポーツカーレース「富士グランチャンピオレース」の復刻版となる。

「GC-21スポーツカーレース」は、F3のシャシーに、ルマン24時間用プロトタイプマシンに準じたオープンボディーカウルを装着した、単座席スポーツカーレースだ。コンセプトは、本格的なスポーツカーレースを、比較的安価で実現するというもの。“グラチャン”時代は、F3000(現フォーミュラニッポン)などトップフォーミュラをベースとしたが、GC-21スポーツカーレースではF3シャシーとエンジンを使用。カウルもワンメイクとし、コスト高騰の抑制を図る。
エンジンなどほとんどのレギュレーションはF3に準拠。安全を理由に、クラッシュテストに合格している「ダラーラ」製F3のフロントノーズをそのまま流用する。カウルは、MOONCRAFT製のものが当面使われる。

富士スピードウェイより依頼を受け、ボディーカウルの開発を担当したMOONCRAFTの由良拓也代表は、「ストレートでスリップストリームを利用したオーバーテイクが多く見られるレースにしたい、という要望を受け、カウルのデザインはスリップストリームが効きやすい形状とした」とコメント。また霧や小雨など天候の変わりやすい“富士ウェザー”を考慮し、前後ランプを装備した。想定の最高速度は275-280km/hという。

2002年は4戦が計画されており、2003年は5戦を予定する。

●2002年度レース開催スケジュール(全4戦)
7月27-28日JAPAN SPECIAL GT-CUP 併催
8月31日-9月1日フォーミュラニッポン第7戦 併催
10月13日GC-21スポーツカーレース メイン開催
11月9-10日スーパーTEC(S耐最終戦) 併催

●参加資格
JAF国内運転者許可証A(Aライセンス)以上の所持者で、FISCOライセンスを持つ者

●レース距離
20周/88km(燃料タンク満タン40リッターで、給油なしで走りきれる距離)

●賞典(予定)
優勝賞金100万円、2位50万円、3位30万円、出走賞15万円

(文=KLM Photographics J)

富士で「グラチャン」復活の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。