スズキ、「アルト」を一部改良

2002.04.12 自動車ニュース

スズキ、「アルト」を一部改良

スズキは、軽自動車「アルト」の一部に改良を施し、2002年4月10日から販売を開始した。

今回の改良では、「セダン」の3/5ドア全車に、前席SRSエアバッグとシートベルトプリテンショナーを標準装備、安全性の向上を図った(「バン」にはメーカーオプション設定)。なおバンの安全装備−前席SRSエアバッグ、フロントシートベルトプリテンショナー、助手席フォースリミッター、ブレーキアシスト付き4輪ABSのセット−は、車両本体価格の5.0万円高となる。

機能面では、キーレスエントリーのアンサーバックを、ハザードランプ点灯式にし、車外からの視認性を向上させた。インテリアは、一部モデルでは前席のみだった「ファブリック生地」のシート表皮を全モデルに採用、質感を上げた。セダンの5ドアモデル「Lb」( 2WD 65.5万円/4WD 77.7万円)に、5MT車を追加したのもニュースだ。

環境面も改良。可変バルブタイミング機構(VVT)を備えるDOHCユニット搭載のバン「Vl」(2WD+4AT/70.5万円)と、セダン「エポ」(2WD+4AT/88.8万円)が、国土交通省の平成12年基準排出ガス75%低減レベル「超-低排出ガス」認定を受けた。

価格は、セダンが65.5万円から99.0万円まで、バンは据え置きで、55.5万円から76.7万円まで。

(webCG オオサワ)

 
スズキ、「アルト」を一部改良の画像

関連キーワード:
アルトスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • スズキ、広い車内が自慢の「スーパーキャリイ」発売 2018.5.16 自動車ニュース スズキが、大型のキャビンが特徴の軽トラック「スーパーキャリイ」を発売。ゆとりある車内空間に加え、運転席と助手席に採用されたリクライニングおよびスライド調整機構や、収納スペースの数々、充実した安全装備などもセリングポイントとなっている。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
ホームへ戻る