アウディ「A3」に新グレード追加

2002.04.18 自動車ニュース

アウディ「A3」に新グレード追加

アウディジャパンは、コンパクトハッチ「A3」の装備見直しとラインナップの拡充を実施。あわせて価格を改定し、2002年4月15日に発売した。

今回設定されたグレードは、エントリーモデルたる1.8リッター直4(125ps)搭載の「1.8」、インタークーラー付きターボ(180ps)を備える「1.8T」、そしてスポーツサスペンションを奢ったターボ「1.8T Sport」の3種類だ。

新たに加わった「1.8T Sport」は、従来までの「1.8T」に、ステアリングホイールを握ったままギアチェンジできる「ティプトロスイッチ」を与えた仕様だ。トランスミッションは5段ティプトロニック。205/55R16のタイヤや16インチアルミホイールでスポーティさ演出する。

「1.8T」には、従来までの1.8Tと違い、スポーツサスペンションが備わらない。一方で、ESP(エレクトリックスタビリティプログラム)、内装ウッドパネル、ベージュ色の本革仕様(オプション)が新規設定された。トランスミッションは5段ティプトロ。ベーシックな「1.8」に主だった変更はない。

価格は、1.8が13.0万円値下げの286.0万円、1.8Tは20.0万円安い305.0万円、1.8T Sportは、従来までの1.8Tの価格を引き継いで、325.0万円。なお、ホットモデル「S3」の仕様、価格変更はない。

(webCGオオサワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。