「PTクルーザー」に金色の特別仕様車

2002.04.18 自動車ニュース

「PTクルーザー」に金色の特別仕様車

ダイムラークライスラー日本は、クラシカルでユニークなボディのワゴン「PTクルーザー」に、金色ボディの特別仕様車「PTストリートクルーザーシリーズ1」を設定、2002年5月11日から販売を開始する。販売台数は200台限定。

「PTストリートクルーザーシリーズ1」は、上級「リミテッド」を、目にも鮮やかな「インカゴールド」(クロームイエローゴールドカラー)で塗った特別仕様車だ。この色は、1998年のジュネーブショーに出品されたPTクルーザーのコンセプトモデル「プロントクルーザー」の色を踏襲したものという。
さらに、外観をMopar製16インチクロームホイール、専用バッジで飾り、室内には明るい「ライトパールベージュ」のレザーシートを採用した。ボディと同じ色が、インパネやトリムのアクセントに用いられたのもポイントとなる。

価格は、ベースモデルより7.0万円高い、297.0万円。

なお「PTストリートクルーザー」とは、アメリカで販売されているPTクルーザーの派生モデルのこと。本国には、炎の模様がボディを飾る「フレーム」や、ウッドパネルが付与された「ウッディ」など、様々なバリエーションがあるという。

2000年にデビューしたPTクルーザーは、これまで全世界で約31万台、日本で4339台販売されたという。今後は、2001年の東京モーターショーに参考出品されたオープンモデル「PTクルーザーコンバーチブル」や、ターボエンジン載せた「PTクルーザーターボ」がリリースされる予定という。日本への導入につてなどは未定。

詳しくは、「クライスラー・ジープコール」(電話:0120-712-812)か、クライスラーウェブサイト(http://www.chrysler-japan.com/)まで。

(webCGオオサワ)

 
「PTクルーザー」に金色の特別仕様車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

PTクルーザーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)【試乗記】 2013.1.23 試乗記 クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)
    ……260万円

    ランチア改めクライスラーのバッジを付けて上陸した「イプシロン」。ブランドが変わっても、このクルマならではのワン&オンリーな魅力は変わらない。
  • クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)【試乗記】 2013.1.6 試乗記 クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)
    ……260万円

    イタリアのランチア改め、アメリカのクライスラーブランドで国内販売が始まった、新型「イプシロン」。巨匠 徳大寺有恒が、その印象を語る。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • ランチア・イプシロン 0.9 ツインエア(FF/5MT)【試乗記】 2011.9.1 試乗記 ランチア・イプシロン 0.9 ツインエア(FF/5MT)
    ……263万5000円

    フルモデルチェンジで3代目に生まれ変わった「イプシロン」。“あの”ツインエアを搭載する走りに、ランチアらしさは感じられたのか?
ホームへ戻る