現行モデル最後の「レンジローバー」特別限定車

2002.04.19 自動車ニュース

現行モデル最後の「レンジローバー」特別限定車

新型発売を7月にひかえたランドローバーの旗艦「レンジローバー」。その現行モデルに、特別限定車「Royal Edition」が設定され、2002年5月10日に発売される。販売台数は150台。

「レンジローバーRoyal Edition」は、英国エリザベス女王即位50周年を記念したモデル。4.6リッターV8搭載「4.6 HSE」をベースに、ビルトインタイプのDVDカーナビゲーションシステムを付与。さらにメーターまわりとセンターコンソールにウッド調パネル、サイドブレーキグリップにウッドを採用し、「英国車特有の贅沢な空間をさらに追求した」(プレスリリース)。テールゲイトとセンターコンソール上に貼られる記念デカールは「Royal Edition」の証。オリジナルキーホルダーには、オーナーの氏名、納車日、シリアルナンバーが打刻され、スペシャル感をあおる。

価格は、ベースモデルと同じ、750.0万円。1994年デビューの現行2代目は既に生産を終了している。残りわずかとなったモデルを買おうという方は、この機会を逃さぬよう。(写真は該当モデルにあらず)

(webCG 有吉)

 
現行モデル最後の「レンジローバー」特別限定車の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディスカバリーHSE(ディーゼル)/ディスカバリーHSE(ガソリン)【試乗記】 2017.6.26 試乗記 英国の大型SUV「ランドローバー・ディスカバリー」が5代目にフルモデルチェンジ。これまでの四角張ったスタイリングを捨て、スラントノーズのスポーティーなイメージに一新された新型の出来栄えをリポートする。
  • ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.23 試乗記 英国のプレミアムSUV「レンジローバー」にディーゼルモデルが登場。本格オフローダーでありながら快適性も要求される“レンジ”とディーゼルの親和性は? そして試乗を通して見えてきたジャガー・ランドローバー喫緊の課題とは?
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」の年内導入が決定 2017.6.23 自動車ニュース FCAジャパンは2017年6月23日、アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」について、同年内に販売を開始すると発表した。流麗なスタイルを持つボディーや最高出力510ps、0-100km/h加速は3.9秒というパフォーマンス(上級グレード)などを特徴とする。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【レビュー】 2017.6.26 試乗記 「アウディQ2」に1リッターターボ仕様が登場。手ごろな価格とクラストップレベルの燃費がウリのエントリーモデルの出来栄えは? 17インチタイヤを装着し、運転支援機能や安全装備を充実させた「1.0 TFSIスポーツ」に試乗した。
ホームへ戻る