【Movie】いすゞのコンセプトカー「Z・E・N」を独占取材!

2002.04.20 自動車ニュース
【Movie】いすゞのコンセプトカー「Z・E・N」を独占取材!

【Movie】いすゞのコンセプトカー「Z・E・N」を独占取材!

2001年の第35回東京モーターショーに出品された、いすゞのコンセプトカー「Z・E・N」(ズィー・イー・エヌ)を覚えているだろうか? 扇をイメージした観音開きのドアを開けると、なんと車内にはタタミが!日本的美意識を具現化したこのショーカーは、特に海外のプレスに大好評だった。
今回、『webCG』『NAVI』合同取材班は、このコンセプトカーを独占取材する機会に恵まれた。デザイン担当者の貴重な話、そして、世界初公開となる“走るZ・E・N”などをムービーでお送りする。
まず第1弾は、「クルマ生活Q&A」でお馴染みのテクノロジーライター、松本英雄氏が、Z・E・Nのデザインを担当した、いすゞ自動車株式会社デザインセンターの山田敦彦シニアスタッフに話を聞いた。


Z・E・Nのデザインを担当した、いすゞ自動車株式会社デザインセンターの山田敦彦シニアスタッフ。

【Movie】いすゞのコンセプトカー「Z・E・N」を独占取材!

SUVの楽しさと、CV(商用車)の実用性を融合させるという、まさにいすゞならではのコンセプトカー「Z・E・N」。扇をモチーフにしたルーフラインとサイドウィンドウ、雪見障子からヒントを得たというリアゲートなど、「和」のエッセンスが随所に取り入れられたユニークなコンセプトカーだ。

室内は、畳と竹をリバーシブルにしたフロアマットが特徴。シートアレンジが可能で、折り畳むとフラットな床面ができあがる。畳と竹をリバーシブルにしたフロアマットを広げれば、そこはまさに和室。雪見障子越しに外の景色を眺めることや、寝転がることもできる。「外界と室内が完全に隔絶されていない、いわゆる日本的な空間解釈を取り入れたかった」と語るデザイナーの山田氏。Z・E・Nのコンセプトとシートアレンジを、ムービーで紹介する。




【Movie】いすゞのコンセプトカー「Z・E・N」を独占取材!

【Z・E・N(前編)】

(撮影・編集=カネヨシ)

関連リンク
【Movie】世界に1台の、あのクルマに乗った!(予告編)(http://www.webcg.net/WEBCG/news/000011397.html)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。