トヨタ「エスティマ」に特別仕様車

2002.04.22 自動車ニュース

トヨタ「エスティマ」に特別仕様車

トヨタ自動車は、ミニバン「エスティマT」「エスティマL」に、内外装を飾った特別仕様車「AERAS Sエディション」「AERAS Gエディション」を設定、2002年4月18日に発売した。

「エスティマAERAS Sエディション」は、グレーの専用シート/同ドアトリム表皮、黒木目調の本革巻き専用ステアリングホイールを採用。さらにメーターなどの文字や目盛りをアンバー色としたオプティトロンメーターとし、スポーティ感を高めた仕様とした。
ボディ色は、特別色ブラックを含む全3色を用意。ブラックを選んだ場合、フロントグリルはボディ同色の専用品となる。
価格は、2.4リッター+2WDの274.0万円から3リッター+4WDの322.0万円まで。DVDボイスナビゲーションなどを装備した「ナビスペシャル」は、29.0万円高。

一方「エスティマAERAS Gエディション」は、ホワイトパールマイカで塗られたボディ、プリントモケットのシート&ドアトリム表皮、木目調の本革巻きステアリングホイールなどを与え、高級感を演出したモデルである。
2.4リッター+2WDの277.5万円から3リッター+4WDの325.5万円まで。ナビスペシャルはやはり29.0万円高となる。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「エスティマAERAS Sエディション/AERAS Gエディション」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/Updates/Estima/g-s_edition/

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・シエンタX 7人乗り(FF/CVT)/シエンタ ハイブリッドG 6人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.11 試乗記 個性的なデザインやボディーカラーで話題の、新型「トヨタ・シエンタ」に試乗。そのコンパクトミニバンとしての実力は……? パワーユニットやシートの仕様が異なる、2つのモデルでチェックした。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • トヨタ・シエンタ ハイブリッドX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.14 試乗記 販売好調が伝えられるトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。フルモデルチェンジからの1カ月で、実に月間販売目標の7倍に達する、4万9000台もの受注を集めたという。人気の秘密はどこにあるのか、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・シエンタ【開発者インタビュー】 2015.8.11 試乗記 12年におよぶモデルライフを経て一新された、トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。新型の個性的なデザインやメカニズムは、どんな思いから生み出されたのか? 開発責任者の生の声を聞いた。
ホームへ戻る