トヨタ「エスティマ」に特別仕様車

2002.04.22 自動車ニュース

トヨタ「エスティマ」に特別仕様車

トヨタ自動車は、ミニバン「エスティマT」「エスティマL」に、内外装を飾った特別仕様車「AERAS Sエディション」「AERAS Gエディション」を設定、2002年4月18日に発売した。

「エスティマAERAS Sエディション」は、グレーの専用シート/同ドアトリム表皮、黒木目調の本革巻き専用ステアリングホイールを採用。さらにメーターなどの文字や目盛りをアンバー色としたオプティトロンメーターとし、スポーティ感を高めた仕様とした。
ボディ色は、特別色ブラックを含む全3色を用意。ブラックを選んだ場合、フロントグリルはボディ同色の専用品となる。
価格は、2.4リッター+2WDの274.0万円から3リッター+4WDの322.0万円まで。DVDボイスナビゲーションなどを装備した「ナビスペシャル」は、29.0万円高。

一方「エスティマAERAS Gエディション」は、ホワイトパールマイカで塗られたボディ、プリントモケットのシート&ドアトリム表皮、木目調の本革巻きステアリングホイールなどを与え、高級感を演出したモデルである。
2.4リッター+2WDの277.5万円から3リッター+4WDの325.5万円まで。ナビスペシャルはやはり29.0万円高となる。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「エスティマAERAS Sエディション/AERAS Gエディション」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/Updates/Estima/g-s_edition/

 
トヨタ「エスティマ」に特別仕様車の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • ホンダが北米向け新型「アコード」を発表 2017.7.18 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年7月14日(現地時間)、北米で2017年秋に発売を予定している新型「アコード」を発表した。
  • 新型「ホンダCR-V」、中国でデビュー 2017.7.10 自動車ニュース 本田技研工業の中国における四輪車生産販売合弁会社である東風本田汽車有限公司は2017年7月9日(現地時間)、新型「CR-V」を発表した。都市型SUVの先駆けとして、2004年に中国市場で販売を開始。これまでに累計約150万台以上が販売されている。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
ホームへ戻る