アレジ、DTMデビュー戦で3位

2002.04.23 自動車ニュース

アレジ、DTMデビュー戦で3位

2001年シーズンをもって12年間のF1キャリアに終止符を打ったジャン・アレジが、サーキットに戻ってきた。
ドイツツーリングカー選手権(Deutsche Tourenwagen Masters:DTM)の開幕戦が、2002年4月21日、ドイツのホッケンハイムリンクのショートトラックで行われた。優勝は、アウディTT-Rを駆るローレン・アイエロ。AMGメルセデスベンツCLKで同選手権にデビューしたアレジは3位入賞、その活躍ぶりが話題を呼んだ。

予選、決勝レースとも、「アプトスポーツライン」チームのアウディTT-Rの速さが目立った。予選レースでは、アウディTT-Rが1位から4位まで独占。オペル5位、メルセデス6位と続いた。アレジは8位だった。メインレース、2番手グリッドのアイエロが好スタート。アレジは一気に4位へジャンプアップ。クリスチャン・アプトをパスし、3位でフィニッシュ、初レースで表彰台にのぼった。レース後、アレジはヘルメットを観客席のファンにプレゼントし、喜びをあらわした。

全10戦で争われる今シーズンのDTMには、アウディTT-Rが5台、メルセデスベンツCLK-DTM 10台、オペル・アストラV8クーペが6台エントリー。ドライバーの顔ぶれは、アレジに加え、カール・ベンドリンガーや、アレジのチームメイト、ベルント・シュナイダーら、元F1ドライバーも参戦する。レースは、予選を終えた後の「予選レース」と「メインレース」の2部構成。今シーズンから、F1と同じ形式のポイントシステムとスタート方式が採用された。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。