「CARTもてぎ」開幕、初日トップはジュンケイラ/トヨタ

2002.04.26 自動車ニュース

「CARTもてぎ」開幕、初日トップはジュンケイラ/トヨタ

2002年4月25日、CART第3戦「ブリヂストン・ポテンザ500」が、栃木県のツインリンクもてぎ・オーヴァルコース(1.549マイル/2.413km)で開幕した。初日2回のプラクティスを終え、トップタイムをマークしたのは、トヨタエンジン搭載マシンを駆るブルーノ・ジュンケイラ。1周を25.983秒、平均速度214.479mph(345.161km/h)で周回した。

2位には、もてぎで4戦全勝中のフォード勢の1台、パトリック・カーペンティア。ホンダ勢は3位のダリオ・フランキッティが最高位だった。今シーズン限りでCARTから撤退するホンダは、お膝元のもてぎでどうしても勝ちたいところ。26日の予選、そして27日の決勝レースでの巻き返しが期待される。
日本人ドライバーは、トヨタユーザーの高木虎之介が17位、ホンダの中野信治は19位と下位に沈んでいる。

26日の予選は13時45分開始。今シーズン初のオーヴァルレース決勝は、27日の12時30分にスタートする予定だ。レース日に雨が降った場合は、翌28日の開催となる。今のところ天気予報では、雲は出るものの、傘のマークはないようだ。

テレビ放映は、予選ハイライトが26日24時25分-26時20分、決勝は27日の16時-17時55分(ハイライトは同日24時50分-25時50分)、いずれも、NTV系列28局ネットを通じてオンエアされるという。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。