「CARTもてぎ」、トヨタのジュンケイラがポールトゥウィン

2002.04.27 自動車ニュース

「CARTもてぎ」、トヨタのジュンケイラがポールトゥウィン

2002年4月27日、CART第3戦「ブリヂストン・ポテンザ500」決勝が、栃木県のツインリンクもてぎ・オーヴァルコース(1.549マイル/2.413km)を201周してで行われた。優勝は、25歳のブラジル人、ブルーノ・ジュンケイラ。自身通算2勝目を、ポールトゥウィンで飾った。もてぎで全勝を誇っていたフォードエンジンを止めたのは、同コースのオーナー、ホンダではなく、トヨタだった。

2位にはフォードのアレックス・タグリアーニ、3位はホンダのダリオ・フランキッティが入った。
トヨタの高木虎之介は、一時4位までのぼりつめたが、結局8位でゴール。走行中タイヤが外れるというトラブルに見舞われたホンダの中野信治は、10位で完走した。

詳報は順次更新。

(webCG 有吉)

「CARTもてぎ」、トヨタのジュンケイラがポールトゥウィンの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。