メルセデスベンツ「CLK」フルモデルチェンジ

2002.05.01 自動車ニュース

メルセデスベンツ「CLK」フルモデルチェンジ

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツのクーペ「CLKクラス」を5年ぶりにフルモデルチェンジし、2002年4月25日に発売した。

「メルセデスベンツCLKクラス」は、セダン「Cクラス」ベースのクーペ。新型となったセダンの発売から約2年を経て、ニューモデルに生まれ変わったクーペの導入が始まった。
今回発売されたのは、2.6リッターV6(170ps/5500rpm、24.5kgm/3000-4500rpm)搭載の「CLK240」と、3.2リッターV6(218ps/5700rpm、31.6kgm/3000-4600rpm)「CLK320」の2車種。いずれにも、シフターを左右に動かすことでシーケンシャルにギアを変えることが可能な「ティップシフト」付き電子制御5段ATを組み合わせる。

先代は、ひとクラス上の「Eクラス」に似た顔つきだったが、新型はセダンのイメージをほぼそのまま受け継いだ。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4640×1740×1415mm、ホイールベースは2715mm。先代比で、75mm長く、20mm幅広く、ホイールベースは25mm延長された。サスペンションはセダン同様、フロントに3リンク式、リアにマルチリンク式を採用した。

装備面では、ボンネット上のセンサーにより日差しの強さ、日射角度を測定し、室内温度を制御するクライメートコントロール、ハンズフリーテレフォン機能の付いたVICS対応DVDナビゲーション・オーディオ・テレビ、盗難防止システムなどを標準装備。CLK320には、「スポーツパッケージ」として、AMGデザインのフロントスポイラー/サイド・リアスカート、18インチAMGアルミホイール、スポーツサスペンションなどを設定、受注生産として販売する。
安全面では、前面衝突時に衝撃の強さや乗員の体重に応じて膨張の程度を2段階に調節する前席SRSエアバッグ、SRSウィンドウエアバッグ、前後席SRSサイドエアバッグなどを標準で備える。

価格は、右ハンドルのみのCLK240が590.0万円、左右両方のハンドル位置を選べるCLK320は720.0万円。

(webCG 有吉)

 
メルセデスベンツ「CLK」フルモデルチェンジの画像

関連キーワード:
CLKクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • デトロイトショー2016(その2) 2016.1.15 画像・写真 メルセデスの新型オープン2シーター「SLC」の姿を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ/S560 4MATICロング【試乗記】 2018.3.27 試乗記 話題の新型直列6気筒エンジンを搭載する「メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ」に試乗。20年ぶりに帰ってきた直6は、ISGと48V電気システムという新機軸を得て、懐かしくも新しい仕上がりを誇っていた。
ホームへ戻る