【Movie】スバル、新型「フォレスター」の開発者に聞く(その2)

2002.05.06 自動車ニュース
 
【Movie】スバル、新型「フォレスター」の開発者に聞く(その2)

【Movie】スバル、新型「フォレスター」の開発者に聞く(その2)

2002年1月の「デトロイトショー」を見ても、北米ではSUVやRVなど、“クロスオーバー”コンセプトのクルマが人気。その状況を反映してか、フォレスターはアメリカで売れている。1997年のデビューから5年間の月平均売り上げは、日本が3000台、アメリカが5000台、3000台が欧州やアジアなのだ。
1998年から、アメリカの商品企画部門でフォレスターの米国導入を経験した石藤秀樹プロジェクトゼネラルマネージャーに、フォレスターのアメリカ戦略を伺った。


新型フォレスター開発責任者の、石藤秀樹プロジェクトゼネラルマネージャー。
 
【Movie】スバル、新型「フォレスター」の開発者に聞く(その2)

【フォレスターのアメリカ戦略(その1)】

(撮影=難波ケンジ/編集=カネヨシ)


新型フォレスターの基本内装はグレーだが、2つのインテリアパッケージがオプションで選べる。写真は、シナモンブラウンの、撥水加工が施されたファブリックシート生地を採用した、アウトドアユース向けの「フィールドパッケージ」。他に、ブラック基調で本革巻きステアリングホイール&シフトノブなどが採用された「ユーロパッケージ」もある。
 
【Movie】スバル、新型「フォレスター」の開発者に聞く(その2)

【フォレスターのアメリカ戦略(その2)】

(撮影=難波ケンジ/編集=カネヨシ)



 
【Movie】スバル、新型「フォレスター」の開発者に聞く(その2)
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.12.14 試乗記 足まわりの改良、燃費の改善、安全装備や運転支援システムの強化と、2012年のデビュー以来、度重なる改良を通して進化を遂げてきた「スバルXV」。ハイブリッドシステムを搭載した上級グレードの試乗を通し、今日におけるその実力を測った。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • 次期「レガシィアウトバック」まもなく登場【ニューヨークショー2014】 2014.4.3 自動車ニュース 「ニューヨークショー2014」において、スバルの新型「アウトバック」が公開される。
ホームへ戻る