オペル「アストラ」2002年モデル発売

2002.05.07 自動車ニュース

オペル「アストラ」2002年モデル発売

日本ゼネラルモーターズは、オペル「アストラ」シリーズの2002年モデルの販売を、2002年5月11日から開始する。

オペル「アストラ」の2002年モデルは、セダン「サルーンCD」(1.8リッター/258.0万円)、ハッチバック「CD」(1.8リッター/249.0万円)と「Sport」(2.2リッター/277.0万円)と、ステーションワゴン(写真)「ワゴンCD」(1.8リッター/264.0万円)、「ワゴンSport」(2.2リッター/292.0万円)の計5車種。従来までハッチとワゴンに設定されたエントリーグレード「LS」は、今回から外された。
これに、2001年7月発売の「クーペ」と2002年3月から販売されているオープンモデル「カブリオ」を加えて、アストラ・フルラインナップとなる。

新しくなった点は、以下の通り。

●「CD」
新デザインのアルミホイール(6J×15)とインテリアトリム(色はシャドウグレー)
●「Sport」
新デザインアルミホイール(6J×16)とインテリアトリム(色はエボニー)、ヘッドライトウォッシャー付きキセノンヘッドランプの採用

(webCG 有吉)

 
オペル「アストラ」2002年モデル発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る