オペル「アストラ」2002年モデル発売

2002.05.07 自動車ニュース

オペル「アストラ」2002年モデル発売

日本ゼネラルモーターズは、オペル「アストラ」シリーズの2002年モデルの販売を、2002年5月11日から開始する。

オペル「アストラ」の2002年モデルは、セダン「サルーンCD」(1.8リッター/258.0万円)、ハッチバック「CD」(1.8リッター/249.0万円)と「Sport」(2.2リッター/277.0万円)と、ステーションワゴン(写真)「ワゴンCD」(1.8リッター/264.0万円)、「ワゴンSport」(2.2リッター/292.0万円)の計5車種。従来までハッチとワゴンに設定されたエントリーグレード「LS」は、今回から外された。
これに、2001年7月発売の「クーペ」と2002年3月から販売されているオープンモデル「カブリオ」を加えて、アストラ・フルラインナップとなる。

新しくなった点は、以下の通り。

●「CD」
新デザインのアルミホイール(6J×15)とインテリアトリム(色はシャドウグレー)
●「Sport」
新デザインアルミホイール(6J×16)とインテリアトリム(色はエボニー)、ヘッドライトウォッシャー付きキセノンヘッドランプの採用

(webCG 有吉)

 
オペル「アストラ」2002年モデル発売の画像

関連キーワード:
アストラセダンアストラハッチバックアストラワゴンオペル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペルベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)【試乗記】 2003.3.25 試乗記 オペルベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)
    ……361.0万円/458.0万円

    2003年3月24日、オペルの中核モデル「ベクトラ」に、5ドアハッチバックの「GTS」が加わった。スポーティイメージを訴求し、「ベクトラの本命」と謳われる新型に、webCG記者が箱根で乗った。


  • オペル・アストラ1.6&2.0ターボ(2ペダル5MT/6MT)【海外試乗会(前編)】 2004.4.28 試乗記 オペル・アストラ1.6&2.0ターボ(2ペダル5MT/6MT)

    2003年のフランクフルトショーで登場、新たなイメージをアピールしたオペルのニュー「アストラ」。競争激甚なファミリーカー市場に挑戦するニューカマーの武器は何なのか? 『webCG』エグゼクティブディレクターの大川 悠が報告する。


  • 【ニューヨークショー2018】トヨタ、新型「RAV4」を世界初披露
    2018.3.28 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年3月28日、ニューヨーク国際自動車ショーにおいて、米国仕様の新型「RAV4」を世界初披露すると発表した。米国では2018年末頃(ハイブリッドは2019年初)、日本では2019年春頃の発売を予定しているという。
  • オペル、レザー内装の「ベクトラ GTS2.2」発売 2003.8.26 自動車ニュース 日本ゼネラルモーターズは、オペルのミドルクラス「ベクトラ GTS2.2」に、ヒーター付き本革シートなどを付与した特別仕様車「レザーパッケージ」を設定。2003年9月6日から、30台限定で販売する。
  • 「オペル・ベクトラ」GTSとワゴンに「IDSプラス」搭載 2005.2.24 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・アジアパシフィック・ジャパンは、2005年モデルの「オペル・ベクトラGTS」と、同「ワゴン」の価格を、2005年2月23日に発表した。いずれにも、新型「アストラ」に採用されたアクティブダンパー「CDC」を備える「IDSプラス」シャシーが搭載された。
ホームへ戻る