オペル「アストラ」2002年モデル発売

2002.05.07 自動車ニュース

オペル「アストラ」2002年モデル発売

日本ゼネラルモーターズは、オペル「アストラ」シリーズの2002年モデルの販売を、2002年5月11日から開始する。

オペル「アストラ」の2002年モデルは、セダン「サルーンCD」(1.8リッター/258.0万円)、ハッチバック「CD」(1.8リッター/249.0万円)と「Sport」(2.2リッター/277.0万円)と、ステーションワゴン(写真)「ワゴンCD」(1.8リッター/264.0万円)、「ワゴンSport」(2.2リッター/292.0万円)の計5車種。従来までハッチとワゴンに設定されたエントリーグレード「LS」は、今回から外された。
これに、2001年7月発売の「クーペ」と2002年3月から販売されているオープンモデル「カブリオ」を加えて、アストラ・フルラインナップとなる。

新しくなった点は、以下の通り。

●「CD」
新デザインのアルミホイール(6J×15)とインテリアトリム(色はシャドウグレー)
●「Sport」
新デザインアルミホイール(6J×16)とインテリアトリム(色はエボニー)、ヘッドライトウォッシャー付きキセノンヘッドランプの採用

(webCG 有吉)

 
オペル「アストラ」2002年モデル発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アストラセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)【試乗記】 2003.6.14 試乗記 オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)
    ……361.0万円/458.0万円

    GMグループの最新プラットフォーム「イプシロン」に、斬新なデザインのボディを載せた「オペル・ベクトラ」。セダンに続いて、「GTS」とのサブネームを付けた5ドアハッチの日本導入が開始された。“スポーティ”を謳うニューベクトラに、『webCG』エグゼクティブディレクターの大川 悠が乗った。


  • オペル・ベクトラ2.2プレミアム(5AT)【試乗記】 2002.7.26 試乗記 オペル・ベクトラ2.2プレミアム(5AT)
    ……362.0万円

    凝った造形のサイドミラーばかり(?)が話題になったオペルのミドサイズモデル「ベクトラ」。尻すぼみ気味だった日本とはうらはらに、欧州でのベストセラーとして成功を収めた2代目ベクトラがフルモデルチェンジを受け、3代目に進化した。webCG記者がハコネで乗った。


  • オペル・アストラワゴン1.8 Sport(4AT)/2.0 Turbo Sport(6MT)【試乗記】 2005.2.16 試乗記 オペル・アストラワゴン1.8 Sport(4AT)/2.0 Turbo Sport(6MT)
    ……299万9500円 /349万9500円

    新型ゴルフがハッチバックのみにとどまっているうちに、オペル・アストラのワゴンが登場した。ホイールベースを延長し、実用性とスタイリングを両立させようという意欲作に、自動車ジャーナリストの島下泰久が試乗した。


  • オペル・オメガワゴン スポーツ(4AT)【試乗記】 2002.8.7 試乗記 オペル・オメガワゴン スポーツ(4AT)
    ……429.0万円

    オペルのフラッグシップ「オメガ」。日本での2002年モデルは、17インチタイヤにスポーツサスを組み合わせた「オメガワゴン スポーツ」のみがラインナップされる。フロントグリルが新しい大型ワゴンに、webCG記者が試乗した。


  • オペル・オメガワゴンMV6(4AT)【ブリーフテスト】 2001.8.14 試乗記 ……464.0万円
    総合評価……★★★★




ホームへ戻る