ルマン公式テスト、アウディがトップ

2002.05.07 自動車ニュース

ルマン公式テスト、アウディがトップ

第70回ルマン24時間レースの公式テスト走行が、2002年5月5日に仏ルマンのサルテ・サーキットで行われた。トップタイムをマークしたのは、リナルド・カペッロ駆るヨースト・アウディR8。2位に入った、ステファン・サラザンのオレカ・ダッラーラ-ジャッドLMPより約2秒も速い、3分30秒296をたたき出した。

今回優勝すれば“ハットトリック”達成となるトム・クリステンセンがドライブしたヨースト・アウディR8は3位。ミハエル・クルムがステアリングを握ったヨースト・アウディR8が4位と、アウディが優勢だ。5位には、元F1ドライバーのマーク・ブランデルが駆ったMGローラEX257が入った。
アウディR8のプライベーターとして参戦するアウディスポーツジャパン・チームゴウ(写真)は11位。参戦2年目の童夢は、レーシング・フォー・ホーランド・ドーム-ジャッド所属のヤン・ラマースが7位と健闘した。童夢は345km/hの最高速を記録している。

決勝は、6月15、16日に開催される。

(文=webCG 有吉/写真=アウディジャパン)

ルマン公式テスト、アウディがトップの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。