超高級「マイバッハ」、日本でも買えます

2002.05.10 自動車ニュース

超高級「マイバッハ」、日本でも買えます

ダイムラークライスラー日本は、2002年秋にヨーロッパでの発売が予定されている超高級リムジン「マイバッハ」の、日本国内における販売、サービス体制を、2002年5月7日に発表した。導入時期、価格などは明らかにされていない。

商談の申し込みは、メルセデスベンツの乗用車正規販売店を通じ行われるが、実際の契約手続などは、ダイムラークライスラー日本の販売員「PLM(パーソナル・リエゾン・マネージャー)」が担当するという。ちなみにPLMは「世界統一呼称」(プレスリリース)とか。

アフターサービスについては、「マイバッハ・ケア(仮称)」により、初度登録後5年間の無料メンテナンス、、2回目までの無料車検、24時間ツーリングサポートが提供される。また大掛かりな修理などは、ダイムラークライスラー日本のマイバッハサービスセンター(横浜、豊橋に設定予定)が担当。メンテナンスは、全国6箇所に設けるマイバッハ地域サービスセンター、またはメルセデスベンツ正規販売店が行うという。

1930年代にドイツに存在した高級車メーカーの名を冠した「マイバッハ」は、ダイムラーベンツとクライスラーが合併する1年前の1997年、第32回東京モーターショーで初公開された。全長5.77mのボディに6リッターV12を搭載、車内には20インチモニター、Eメールやファックスを送れる機能、ドリンクバーなどを備えた超高級車である。いったいどんな人が乗るのでしょうか?

(webCG 有吉)

 
超高級「マイバッハ」、日本でも買えますの画像

関連キーワード:
57マイバッハ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン570Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.2.7 試乗記 マクラーレンのエントリーレンジを担う「スポーツシリーズ」に、第4のモデル「570Sスパイダー」が登場。570psのV8ツインターボと開放的なオープンボディーが織り成す走りに加え、単なるエントリーモデルにはとどまらない走りの魅力をリポートする。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
  • 価格差600万円以上!超高級車「マイバッハ」の高性能モデル、オーダー受付中 2005.12.1 自動車ニュース ダイムラー・クライスラー日本は、最高級大型乗用車たる「マイバッハ」のハイパフォーマンスバージョン、「マイバッハ 57 S」のオーダー受付を、2005年11月30日に始めた。納車は2006年中頃の予定。
  • 1億4200万円の新型マイバッハ、登場 2010.7.22 自動車ニュース 1億4200万円の後席オープンリムジン「マイバッハ・ランドレー」が発表された。
ホームへ戻る