ホンダ「アコード/トルネオ」に特別仕様車

2002.05.10 自動車ニュース

ホンダ「アコード/トルネオ」に特別仕様車

本田技研工業は、セダン「アコード」と兄弟車「トルネオ」に、特別仕様車「スタイルエディション」「プレミアムエディション」「Euro-R・X」を設定、2002年5月9日に発売した。

「スタイルエディション」は、「1.8VTE」をベースに、ボディ同色の前後バンパー、同色サイドシルガーニッシュ、同色サイドプロテクターでお化粧したモデルだ。価格はベース車据え置き、155.3万円(5段MT)と164.8万円(4段AT)。

「プレミアムエディション」(写真)は、「2.0VTS」「2.0VTS 4WD」がベース。本革/ソフトウィーブコンビネーションシート、本革巻きステアリングホイール、アルミホイール、ボディ同色フロントロアスカートなどを付与した。ベース車の5.0万円高、FFが195.3万円(5段MT)と204.8万円(4段AT)、4WDは4段ATのみで、224.8万円。

「Euro-R・X」は、「Euro-R」をベースに、前席に専用色レカロ社製バケットシート、トランクスポイラーなどを特別装備しつつ、価格をベース車の2.0万円高、255.3万円とした。

(webCG 有吉)

本田技研工業「アコード」:
http://www.honda.co.jp/ACCORD/
同「トルネオ」:
http://www.honda.co.jp/TORNEO/

 

 
ホンダ「アコード/トルネオ」に特別仕様車の画像

関連キーワード:
アコードホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • レクサスLS500h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.21 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで、従来モデルとは一線を画すキャラクターを手に入れた「レクサスLS」。すっかりドライバーズセダンとなった新型の走りは、往年のLSを知るクルマ好きの目にはどのように映るのか?
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2015.4.15 試乗記 10年ぶりに登場した新型「ホンダ・レジェンド」に試乗。ホンダの誇る最高級セダンの実力を確かめるとともに、その課題を探った。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • レクサスRX450hL(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.3 試乗記 「レクサスRX」のラインナップに加わった「RX450hL」。全長を延長して、3列シートレイアウトを採用した新たなフラッグシップモデルは、ラグジュアリーSUVの分野にいかなる価値を創出したのだろうか。都市部での試乗を通じてじっくり考えた。
ホームへ戻る