三菱「ディンゴ」にテディベア仕様

2002.05.13 自動車ニュース

三菱「ディンゴ」にテディベア仕様

三菱自動車は、「ミラージュディンゴ」に、独シュタイフ社の熊のぬいぐるみ「テディベア」をあしらった特別仕様車「シュタイフ・テディベア・エディション」を設定、2002年5月7日に発売した。

「ミラージュディンゴ・シュタイフ・テディベア・エディション」は、車内外の随所にテディベアをあしらったモデル。「“大好きなテディベアと一緒にドライブする楽しい空間”を演出しています」(プレスリリース)。

ボディ色は、「テディベアが住む森をイメージさせる」(同)「フォレスターグリーン」ほか3色を用意。またシュタイフ社が製作の最終工程でテディベアの左耳に付けるタッグをイメージした「BUTTON IN EAR」デカールを、左ドアミラー(助手席側)に採用、リアゲートに貼付されたテディベアのイラストと「Steiff」ロゴ入り専用エンブレムとともに、特別感を演出する。
内装には、やはり森のイメージの木目調センターパネル、サイドエアアウトレットパネルを付与。ステアリングホイールは、ウッド&本革巻きとなる。

テディベア生誕100周年を記念し作られた、世界限定1500体のベア「シュタイフ チャリティベア ラブ」が1体ついて、価格は、144.8万円(2WD)と162.8万円(4WD)。いずれも、1.5リッターモデルとなる。

(webCG 有吉)

 
三菱「ディンゴ」にテディベア仕様の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミラージュの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱ミラージュG(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.13 試乗記 三菱の世界戦略を支えるコンパクトカー「ミラージュ」がマイナーチェンジ。上級グレード「G」の試乗を通して、世界93カ国で販売されるグローバルプロダクトの進化の度合いと、日本市場におけるライバルに対するアドバンテージを確かめた。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン(4WD/9AT)【試乗記】 2016.9.23 試乗記 直4ターボの「Cクラス」と、V8ツインターボを搭載する「AMG C63」の中間に位置づけられる「メルセデスAMG C43」。その「ステーションワゴン」に試乗してわかったのは、このモデルならではのバランスのよさだった。
ホームへ戻る