屋根なしスマート「クロスブレード」、限定25台

2002.05.17 自動車ニュース
 

屋根なしスマート「クロスブレード」、限定25台

ダイムラークライスラー日本は、2人乗りのコミューター「スマート」に、屋根、フロントウィンドウ、ドアを持たない特別限定車「クロスブレード」を設定した。販売台数は25台のみ。2002年5月17日から6月30日まで予約を受け付け、申し込み多数の場合は抽選でオーナーが決まる。価格は、265.0万円。


写真下:ジュネーブショーの資料から
 

「スマートクロスブレード」は、2001年3月のジュネーブショー、同年10月の東京モーターショーでお披露目された、「スマートカブリオ」ベースのフルオープンカーだ。
フロントウィンドウの替わりにウィンドウリフレクターを、ドアの替わりにクッションパッドの付いたサイドセーフティバーを与えた、スパルタンなルックスは目立つことうけあい。さらに、3本スポークの専用16インチアルミホイール、扁平率の高い専用タイヤ(前195/40R16、後215/35R16)で足もとをキメる。

屋根がない分、撥水素材を用いたシートや、樹脂製一体型床パネルなどで防水性を高めた。駐車時には、標準装備のナイロン製トノカバーで、日光や雨から室内を保護できる。というが、屋根付き駐車場のほうが望ましいだろう。
サイドセーフティバーにはガス封入ダンパーが備わり、上下に可動。またアームレストとしても使えるという。

エンジンは、「スマートクーペ」「同カブリオレ」に搭載される598cc直3SOHCターボ・インタークーラー付き「SUPREX」エンジンをチューニングしたもの。最高出力で15psアップの70ps、最大トルクは1.9kgm太くし10.1kgmとした。トランスミッションは、日本仕様のマニュアル操作ができる6段AT「SOFTOUCH(ソフタッチ)」。

安全面では、ロールバー、高剛性のセーフティバーにより、クーペ、カブリオと同等の高い安全性を確保したという。SRSエアバッグ、シートベルトテンショナー、ベルトフォースリミッターは標準装備される。

開放感と俊敏な走りを謳う「スマートクロスブレード」は、全国165拠点のスマート正規販売店にて予約申込可能。ダイムラークライスラーのイベント「エクスペリエンス」(5月18日-19日 横浜、6月1日-2日 神戸)で展示される予定というから、ひと目見たい!という方は足を運んでみてはいかが?

(webCG 有吉)

「スマート」:
http://www.smart-j.com/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スマート・フォーフォー パッション(RR/6AT)【試乗記】 2016.1.26 試乗記 新しい顔を得て、一段と立派に生まれ変わった新型スマートシリーズ。その本命ともいえる4人乗りの「フォーフォー」に試乗した。ドイツからやってきた新しいシティーコンパクトは、こんな人にお薦めだ。
  • 最高出力109psの「スマートBRABUS」が登場 2016.12.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのハイパフォーマンスモデル「スマートBRABUS」を発表し、注文受け付けを開始した。エンジン、トランスミッションなどにチューニングが施されるほか、内外装には専用装備が装着される。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • 「スマート・フォーツー ターボ」がカタログモデルに 2016.12.7 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのモデルラインナップに「スマート・フォーツー ターボ」を追加設定し、販売を開始した。現行モデルのスマート・フォーツーがカタログモデルとして導入されるのは今回が初めて。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(後編)【試乗記】 2016.10.11 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。後編はトゥインゴとフォーフォーを乗り比べ、それぞれの特徴を明らかにする。
ホームへ戻る