【Movie】シトロエンジャポン、中期営業戦略を発表

2002.05.22 自動車ニュース
 
【Movie】シトロエンジャポン、中期営業戦略を発表

【Movie】シトロエンジャポン、中期営業戦略を発表

2002年4月1日から業務を開始した仏オートモビル・シトロエンの日本法人、シトロエンジャポンは、2002年5月21日、同社直営の第一号店「シトロエンジャポン有明ショールーム」において、オープニング記念セレモニーとパーティーを開催。これにあわせて、日本市場での中期営業戦略「シトロエン・ルージュ・プログラム」を発表した。


写真上:シトロエン C5
写真下:セレモニー&パーティーに訪れた、タレントの山口紗弥加さん
 
【Movie】シトロエンジャポン、中期営業戦略を発表

1995年以降、販売実績を伸ばしてきたオートモビル・シトロエン。フランスを含む、西ヨーロッパにおける2001年度のマーケットシェアは、前年比11%増、それ以外の地域でも同年で11.3%伸びており、好調さを見せている。

今回発表された「シトロエン・ルージュ・プログラム」は、シトロエンの日本市場における、2002年から2005年までの営業戦略をまとめたもの。日本全国84のエリアを、84店舗の販売店でカバー。2005年末の年間販売目標台数を、2002年の輸入車試乗の約3%にあたる、8000台に設定するというものだ。
同プログラムは、4つのテーマにより遂行される。すなわち、商品ラインナップとサービスの充実、電話やホームページを通じた顧客とのコミュニケーション活動の強化、販売サービスにおける質と専門性の向上、販売網の確立である。
当面、導入されるモデルは、ハッチバック「サクソ」(202.9万円)、「クサラ」のハッチとワゴン(226.9万円-266.9万円)、「C5」のハッチとワゴン(323.0万円-449.0万円)となる。

(webCG オオサワ)

「有明ショールーム」オープニングセレモニーとパーティーの模様を、動画で紹介する。真っ赤なシトロエン「C5」に乗って、真っ赤なドレスに身を包んだタレントの山口紗弥加さんが登場。オートモビル・シトロエンのミッシェル・ブリクー海外営業部長、柿澤弘治代議士が参加したテープカットなど、会場は華やかな雰囲気に包まれた。

(撮影・編集=カネヨシ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。