ホンダ「NSX」に、「R」復活!

2002.05.24 自動車ニュース
 

ホンダ「NSX」に、「R」復活!

本田技研工業は、2シーターのピュアスポーツカー「NSX」に、高性能バージョン「R」を追加設定、2002年5月23日に発売した。

 

1992年11月から約3年間生産された先代「NSX-R」は、1997年に惜しくもランナップから姿を消した。
今回発売された新型「R」は、徹底した軽量化、サーキット走行を念頭においた足まわりのチューニング、高精度のエンジンバランス取りなど、先代のウリをさらに熟成させるとともに、空力性能の向上を図り、1195.7万円のプライスタグを付けて販売される。

 

主な特徴は以下の通り。

●エアロパーツによるダウンフォースの発生
エアアウトレットダクト付きカーボンボンネットフード、フィン付きフロントアンダーカバーを採用し、フロントのマイナスリフト(つまりダウンフォース)を、またリアディフューザー、カーボンリアスポイラーにより、リアのマイナスリフトを発生。

●チューニングされたエンジン、トランスミッション
出力効率の向上と俊敏なレスポンスを追求したという3.2リッターV6 DOHC VTECエンジンは、ピストンとコンロッドの各気筒間での精密な重量バランス取り、クランクシャフト、クラッチケース、プーリーを組み合わせた状態での高精度な回転バランス取りを行った。6段MTは、ファイナルギアをローレシオ化し、加速性能を向上。ドライブ・バイ・ワイヤーに専用セッティングを施すとともに、アクセルペダルのストロークを縮小させ、アクセルレスポンスを向上させたという。

 

●足まわりとシャシーへのチューニング
サスペンションのセッティングとボディ剛性強化などにより、ロール剛性バランスも専用セッティングとし、タイトコーナーでの旋回性能の向上を図った。さらに、スプリングレートの強化、ダンパー減衰力アップ、ダンパーマウント、リアコントロールアームなどのブッシュ類硬度アップ、スタビライザー強化、前後タワーバー強化など、各種改良を行った。
タイヤは、専用開発したというハイグリップタイヤ(「ブリヂストン・ポテンザRE070 前:215/40R17、後:255/40R17)を採用。BBSと共同開発した軽量鍛造アルミホイール(チャンピオンシップホワイトに専用塗装)と組み合わせる。
ブレーキは、スリット入り16インチブレーキディスクローターと強化ブレーキパッドを採用、耐フェード性を向上させたという。

●徹底した軽量化
各部に、高度な成形技術を用いたカーボンパーツを用い、軽量化を推し進めた。
CFRP(カーボン・ファイバー・レインフォースド・プラスチック)オートクレーブ成形のエアアウトレットダクト付カーボンボンネットフード、「量産車では世界初」と謳う大型中空成形による一体構造のカーボンリアスポイラー(LEDハイマウント・ストップランプ内蔵)などを装着する。
さらに、ホイール軽量化、リアバンパービーム軽量化、スペアタイヤ廃止(パンク修理剤対応)、パワードアロック廃止、電動リモコンドアミラー廃止、リアパーテーションガラス薄板化、軽量タイプフロアカーペットなどなど、可能な限り軽くする工夫をこらした。

●高性能コックピット
操作性の向上とスポーツカーの高揚感を追求したというコクピットには、専用球形チタンシフトノブ、軽量化にも貢献するというメッシュタイプシフトブーツ、MOMO社製本革巻きステアリングホイール、RECARO社製カーボンアラミドフルバケットシートなどを配置。また、エンジンのパワーピーク、レブリミットをLEDの点滅・点灯で知らせるシフトインジケーターや、アルミ調専用センター&サイドパネル、カーボンパネル貼りサイドパネル&シフトプレートなどを与えた。
ボディ色は、専用の「チャンピオンシップホワイト」をはじめとする計9色。フロントに貼付される赤い「H」エンブレムは、「R」の証だ。

(webCG 有吉)

関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(後編) 2017.5.25 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • 第42回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?
    2017.5.23 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第42回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?」。ディーゼルの頂点に君臨するメルセデス・ベンツのフラッグシップは果たして“買い”か?
  • 「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場 2017.5.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月19日、「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「トレイルホークBeats Edition(ビーツエディション)」を設定し、同年6月10日に200台の台数限定で発売すると発表した。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
ホームへ戻る