ホンダ「NSX」に、「R」復活!

2002.05.24 自動車ニュース
 

ホンダ「NSX」に、「R」復活!

本田技研工業は、2シーターのピュアスポーツカー「NSX」に、高性能バージョン「R」を追加設定、2002年5月23日に発売した。

 

1992年11月から約3年間生産された先代「NSX-R」は、1997年に惜しくもランナップから姿を消した。
今回発売された新型「R」は、徹底した軽量化、サーキット走行を念頭においた足まわりのチューニング、高精度のエンジンバランス取りなど、先代のウリをさらに熟成させるとともに、空力性能の向上を図り、1195.7万円のプライスタグを付けて販売される。

 

主な特徴は以下の通り。

●エアロパーツによるダウンフォースの発生
エアアウトレットダクト付きカーボンボンネットフード、フィン付きフロントアンダーカバーを採用し、フロントのマイナスリフト(つまりダウンフォース)を、またリアディフューザー、カーボンリアスポイラーにより、リアのマイナスリフトを発生。

●チューニングされたエンジン、トランスミッション
出力効率の向上と俊敏なレスポンスを追求したという3.2リッターV6 DOHC VTECエンジンは、ピストンとコンロッドの各気筒間での精密な重量バランス取り、クランクシャフト、クラッチケース、プーリーを組み合わせた状態での高精度な回転バランス取りを行った。6段MTは、ファイナルギアをローレシオ化し、加速性能を向上。ドライブ・バイ・ワイヤーに専用セッティングを施すとともに、アクセルペダルのストロークを縮小させ、アクセルレスポンスを向上させたという。

 

●足まわりとシャシーへのチューニング
サスペンションのセッティングとボディ剛性強化などにより、ロール剛性バランスも専用セッティングとし、タイトコーナーでの旋回性能の向上を図った。さらに、スプリングレートの強化、ダンパー減衰力アップ、ダンパーマウント、リアコントロールアームなどのブッシュ類硬度アップ、スタビライザー強化、前後タワーバー強化など、各種改良を行った。
タイヤは、専用開発したというハイグリップタイヤ(「ブリヂストン・ポテンザRE070 前:215/40R17、後:255/40R17)を採用。BBSと共同開発した軽量鍛造アルミホイール(チャンピオンシップホワイトに専用塗装)と組み合わせる。
ブレーキは、スリット入り16インチブレーキディスクローターと強化ブレーキパッドを採用、耐フェード性を向上させたという。

●徹底した軽量化
各部に、高度な成形技術を用いたカーボンパーツを用い、軽量化を推し進めた。
CFRP(カーボン・ファイバー・レインフォースド・プラスチック)オートクレーブ成形のエアアウトレットダクト付カーボンボンネットフード、「量産車では世界初」と謳う大型中空成形による一体構造のカーボンリアスポイラー(LEDハイマウント・ストップランプ内蔵)などを装着する。
さらに、ホイール軽量化、リアバンパービーム軽量化、スペアタイヤ廃止(パンク修理剤対応)、パワードアロック廃止、電動リモコンドアミラー廃止、リアパーテーションガラス薄板化、軽量タイプフロアカーペットなどなど、可能な限り軽くする工夫をこらした。

●高性能コックピット
操作性の向上とスポーツカーの高揚感を追求したというコクピットには、専用球形チタンシフトノブ、軽量化にも貢献するというメッシュタイプシフトブーツ、MOMO社製本革巻きステアリングホイール、RECARO社製カーボンアラミドフルバケットシートなどを配置。また、エンジンのパワーピーク、レブリミットをLEDの点滅・点灯で知らせるシフトインジケーターや、アルミ調専用センター&サイドパネル、カーボンパネル貼りサイドパネル&シフトプレートなどを与えた。
ボディ色は、専用の「チャンピオンシップホワイト」をはじめとする計9色。フロントに貼付される赤い「H」エンブレムは、「R」の証だ。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

NSXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
ホームへ戻る