【Movie】フォルクスワーゲン、新型「ポロ」発表

2002.05.29 自動車ニュース

【Movie】フォルクスワーゲン、新型「ポロ」発表

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、コンパクトカー「ポロ」を6年ぶりにモデルチェンジし、2002年5月27日に発表した。同日受注を開始し、6月14日からデリバリーが開始される。

■コンパクトカーの「次世代ベンチマーク」

6年ぶりにフルモデルチェンジを受け、2001年のフランクフルトショーでデビューした、フォルクスワーゲン(VW)のコンパクトカー「ポロ」。1996年から日本導入が開始され、今では国内のVW年間販売台数のうち、約20%を占めるまでになった。

新型ポロは、「コンパクトカーの次世代ベンチマーク」(梅野勉VGJ社長)として、安全、走行性能、そして快適性の向上を目指してに開発された。
「ポロの頑丈で力強いイメージと、ヨーロッパの洗練された美しさを」(梅野社長)表現すべく、発表会では、和太鼓演奏をバックにバレリーナが踊るパフォーマンスが披露された。

スタイリングの特徴は、ルポと同じ丸目4灯式になったフロントマスク。4ドアは、Cピラー後方にウィンドウを追加した「シックスライト」で落ち着き感を演出。一方、2ドアモデルはサイドラインを、後方へ行くほど斜め上に切れ上がらせてスポーティさを強調し、差別化を図った。ボディ色は、白、赤、黒、青など全7色。先代まであった、明るいイエローとエバーグリーンがなくなり、落ち着いた深い緑の「オーシャングリーン」が新たにラインナップされた。

■広くて頑丈になったボディ

ボディ形状は、4ドアと2ドアの2種類。2ドアは2002年秋からの導入となるため、発表会場には4ドアモデルのみが展示された。
ボディサイズは、全長×全幅×全高=3890×1655×1480mm、ホイールベースは2470mm。先代と較べて140mm長く、5mm広く(2ドアは5mm短く)、55mm高くなった。ホイールベースはプラス60mm。
ボディは大きくなっただけでなく、剛性が33%上がったこともジマン。厚さの異なる鋼板を、レーザー溶接などで接合する「テーラードブランク」手法を多用し強度や剛性を得るとともに、軽量化を実現した。

ボディの拡大とホイールベースの延長により、室内は48mm長く、リアの膝前スペースも63mmプラスされ、居住空間が広くなった。シートは新設計で、フロントは無段階式の高さ調節機構付き。表皮はすべてファブリックで、オフブラック、グレー、ベージュの3色が用意される。

AM/FM MDデッキ+8スピーカーや、セミオートエアコンなど、快適装備に先代から大きな変更はないが、オーディオとナビゲーション機能を一体化した「マルチメディアステーション」(MMS。オプション)が、CDからDVDにアップグレードした。さらに、メータークラスター内のインジケーターに、カーナビゲーションの情報を表示する機能を追加。ナビゲーションで目的地を設定した場合、メーター内で進行方向が矢印で表示されるほか、目的地までの距離なども表示される。

■2ドア178.0万円、4ドア198.0万円

エンジンは、1.4リッター直4DOHC(75ps/5000rpm、12.8kgm/3800rpm)の1種類。最大トルクの90%を2200rpmで発生し、ヨーロッパの最新排気ガス規制「EURO4」に適合する。組み合わされるトランスミッションは従来同様、スポーツとエコノミー、2種類のシフトプログラムを自動的に切り替える、「DSP」(ダイナミックシフトプログラム)付き4段ATだ。

サスペンションは、フロントがマクファーソンストラット、リアがトーションビーム付きトレーリングアームと、形式は先代と変わらないが、リアのトーションビームに、断面がV字のチューブを採用、エンジン出力に最適なねじれ特性を与えたという。パワーステアリングを、VWで初めて電動式としたことも新しい。ステアリングの切れ角と車速センサーの信号に応じて、必要な時にのみ作動するため、パワーロスが大幅に低減したと主張する。

高い安全性を謳う新型ポロだけに、安全装備は豊富。ブレーキアシスト、EBD付きABSをはじめ、EDS(エレクトリックディファレンシャルロックシステム)、コーナリング時にクルマの限界を感知すると、ブレーキやエンジンを自動的にコントロールするESP(エレクトリックスタビリゼーションプログラム)を標準装備した。またパッシブセーフティーでは、前席エアバッグ&サイドエアバッグ、フォースリミッター付きシートベルト、ISO FIX基準適合チャイルドシート固定装置などを備える。助手席のエアバッグとサイドエアバッグは、チャイルドシート装着時を想定して、任意にエアバッグの作動を停止するスイッチを採用。後席中央には、ヘッドレストと3点式シートベルトが備わる。

価格は、2ドアモデルが178.0万円、4ドアは198.0万円。全車、右ハンドルのみの設定となる。

(webCGオオサワ)

フォルクスワーゲン新型「POLO」発表会の模様をムービーでお伝えします。

【新型「POLO」発表会】

(撮影/編集=カネヨシ)

 
【Movie】フォルクスワーゲン、新型「ポロ」発表の画像

フォルクスワーゲングループジャパン、代表取締役社長の梅野勉氏。
 

	フォルクスワーゲングループジャパン、代表取締役社長の梅野勉氏。
	 


 
【Movie】フォルクスワーゲン、新型「ポロ」発表の画像

日本には2002年秋から導入される、ポロの2ドアモデル。
 

	日本には2002年秋から導入される、ポロの2ドアモデル。
	 


 
【Movie】フォルクスワーゲン、新型「ポロ」発表の画像


 
【Movie】フォルクスワーゲン、新型「ポロ」発表の画像


 
【Movie】フォルクスワーゲン、新型「ポロ」発表の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ポロ ブルーモーション(FF/7AT)【試乗記】 2015.11.10 試乗記 JC08モード計測値は23.4km/リッター。「フォルクスワーゲン・ポロ」に、燃費を突き詰めた「ブルーモーション」が登場した。1リッター直3ターボを搭載した、300台限定の“燃費スペシャル”の実力はいかに? ワインディングロードや高速道路での走りも併せて報告する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る