日産「プリメーラ」、IT化

2002.05.29 自動車ニュース
 

日産「プリメーラ」、IT化

日産自動車は、「プリメーラ」と「プリメーラワゴン」の一部を改良し、2002年5月27日に発売した。

 

改良の眼目は、IT化の促進。道案内やメール送受信機能、トラブル時のオペレーター対応などを、携帯やGPSと連動して提供する情報端末「カーウィングス」に対応した、TV/DVDナビゲーションシステムを、上級グレードにオプション設定した。
さらにパッケージオプションとして、ナビゲーションの地図情報から進行方向先の道路状況を読み取り、道路にあわせてエンジントルクとCVTの変速比を制御、高速道路では走行をアシストし、カーブではエンジンブレーキ量を補正する「IT-NAVIパッケージ」を、2リッターモデルの一部に設定した。

環境面では、2リッター「QR20DE」エンジン搭載の2WD車が、国土交通省の低排出ガス車認定制度「超-低排出ガス車」の認定を受けるとともに、2010年燃費基準にも適合。自動車取得税が1.5万円軽減されるなど、グリーン税制の優遇措置を受けることができるという。

QR20DEモデルに新グレードを加え、また一部グレードの仕様装備を変更した。価格は以下の通り。

●セダン
2WD
・1.8リッター「18C」 184.8万円
・2リッター「20G」 199.8-235.8万円
・2.5リッター「25X」 258.0万円
・2リッター「20V」 239.0-265.0万円
4WD
2リッター「20G4」 219.8万円
●ワゴン
2WD
・2リッター「W20G」 209.8-245.8万円
・2.5リッター「W25X」 268.0万円
・2リッター「W20V」 249.0-275.0万円
4WD
・2リッター「W20G4」 229.8万円

(webCG 有吉)

 

日産自動車「プリメーラ」:
http://www.nissan.co.jp/PRIMERA/index.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産プリメーラ20V(6MT)【試乗記】 2001.9.7 試乗記 日産プリメーラ20V(6MT)
    ……266.2万円

    6600rpmで、バルブのタイミングもリフト量も切り替わる204ps「SR」ユニットを搭載したプリメーラ。「いったい何のため?」 疑問を抱いた『webCG』記者が、ハコネで乗った。


  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • 日産グロリア300TX(4AT)【ブリーフテスト】 2000.12.21 試乗記 ……419.0万円
    総合評価……★★★




  • 三菱自動車、「RVR」のフロントマスクを一新 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を実施し、同年2月16日に発売すると発表した。今回の改良ではフロントマスクを一新し、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を採用した。
ホームへ戻る