日産「プリメーラ」、IT化

2002.05.29 自動車ニュース
 

日産「プリメーラ」、IT化

日産自動車は、「プリメーラ」と「プリメーラワゴン」の一部を改良し、2002年5月27日に発売した。

 

改良の眼目は、IT化の促進。道案内やメール送受信機能、トラブル時のオペレーター対応などを、携帯やGPSと連動して提供する情報端末「カーウィングス」に対応した、TV/DVDナビゲーションシステムを、上級グレードにオプション設定した。
さらにパッケージオプションとして、ナビゲーションの地図情報から進行方向先の道路状況を読み取り、道路にあわせてエンジントルクとCVTの変速比を制御、高速道路では走行をアシストし、カーブではエンジンブレーキ量を補正する「IT-NAVIパッケージ」を、2リッターモデルの一部に設定した。

環境面では、2リッター「QR20DE」エンジン搭載の2WD車が、国土交通省の低排出ガス車認定制度「超-低排出ガス車」の認定を受けるとともに、2010年燃費基準にも適合。自動車取得税が1.5万円軽減されるなど、グリーン税制の優遇措置を受けることができるという。

QR20DEモデルに新グレードを加え、また一部グレードの仕様装備を変更した。価格は以下の通り。

●セダン
2WD
・1.8リッター「18C」 184.8万円
・2リッター「20G」 199.8-235.8万円
・2.5リッター「25X」 258.0万円
・2リッター「20V」 239.0-265.0万円
4WD
2リッター「20G4」 219.8万円
●ワゴン
2WD
・2リッター「W20G」 209.8-245.8万円
・2.5リッター「W25X」 268.0万円
・2リッター「W20V」 249.0-275.0万円
4WD
・2リッター「W20G4」 229.8万円

(webCG 有吉)

 

日産自動車「プリメーラ」:
http://www.nissan.co.jp/PRIMERA/index.html

関連キーワード:
プリメーラ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「日産スカイライン」が新デザインになって登場 2017.12.20 自動車ニュース 日産が「スカイライン」をマイナーチェンジ。新デザインのグリルやバンパーを採用するなどしてフロントまわりの意匠を変えたほか、インテリアではステアリングホイールやシフトセレクター、メーターなどの意匠を変更している。
  • 日産プリメーラ20V(6MT)【試乗記】 2001.9.7 試乗記 日産プリメーラ20V(6MT)
    ……266.2万円

    6600rpmで、バルブのタイミングもリフト量も切り替わる204ps「SR」ユニットを搭載したプリメーラ。「いったい何のため?」 疑問を抱いた『webCG』記者が、ハコネで乗った。


  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記 320psのパワーと400Nmのトルクを誇る新型「ホンダ・シビック タイプR」。その速さはもはや“FFのスーパーカー”と呼ぶべきものだ。ニュルブルクリンクの北コースを7分43秒80で駆け抜けたその次は、一体どこに向かおうとしているのだろうか?
  • 日産プリメーラ25X (CVT)【ブリーフテスト】 2001.3.8 試乗記 ……289.2万円
    総合評価……★★★★




ホームへ戻る