【Movie】「フェラーリ&マセラティ」展の“作品”紹介(その12)

2002.05.30 自動車ニュース

【Movie】「フェラーリ&マセラティ」展の“作品”紹介(その12)

東京都江東区にある東京都現代美術館で、2002年4月27日から同年7月14日まで「ARTEDINAMICA 疾走するアート:フェラーリ&マセラティ」展が開催される。

「フェラーリ&マセラティ」展が開催されるのは、モーターショー会場ではなく美術館。会場のあちこちに、クルマのパーツやデザイン画なども、“作品”として展示される。
会場の壁に展示された「骨組み」も、この展覧会の作品のひとつ。これはいったい、なんなのだろうか?

マゼラーティ 5000GT(と思われる)のボディデザイン用骨組み

(撮影・編集=カネヨシ)

【Movie】「フェラーリ&マセラティ」展の“作品”紹介(その12)の画像



【Movie】「フェラーリ&マセラティ」展の“作品”紹介(その12)の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。