日産「セレナ」に「コールマンバージョンII」

2002.05.30 自動車ニュース

日産「セレナ」に「コールマンバージョンII」

日産自動車は、ミニバン「セレナ」に新グレード「コールマンバージョンII」を追加設定、2002年5月27日に発売した。

「セレナコールマンバージョンII」は、アウトドア用品で有名なメーカー「コールマン社」と協力し、アウトドアで必要な装備を充実させたモデル。2001年5月から12月まで期間限定販売された「コールマンバージョン」の第2弾である。IIでは、シート地がグリーンからサドル(ブラウン)へ変更された。

主な特別装備は以下の通り。

・汚れや濡れを簡単に拭き取れる合成皮革「カブロン」を用いたシート
・「Coleman」エンブレム
・リモコンエントリーシステム
・サードシートバックネット
・大型バッテリー
・横跳ね上げ式サードシート

また、防水ラゲッジマット、100Vインバーターなどのディーラーセットオプションも、4.7万円で用意される。

価格は、2WDが219.3万円、4WDは264.3万円。ナビゲーションシステム搭載の「ナビパッケージ」は、20.0万円高。

(webCG 有吉)

 
日産「セレナ」に「コールマンバージョンII」の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

セレナの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 日産セレナ ハイウェイスターG(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.10.26 試乗記 日産の人気ミニバン「セレナ」がフルモデルチェンジ。最上級グレード「ハイウェイスターG」に試乗して見えてきた、最新型の実力とは? 走りの質に燃費、各席の乗り心地など、項目ごとに詳しくリポートする。
  • 日産セレナG(FF/CVT)【試乗記】 2016.9.16 試乗記 日産のミドルクラスミニバン「セレナ」が5代目にフルモデルチェンジ。「デュアルバックドア」や「ハンズフリーオートスライドドア」、話題の運転支援システム「プロパイロット」など、新機軸が満載の新型の実力を試した。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
ホームへ戻る