三菱「シャリオグランディス」、一部改良

2002.05.31 自動車ニュース

三菱「シャリオグランディス」、一部改良

三菱自動車は、6/7人乗りのミニバン「シャリオグランディス」を一部改良し、2002年5月28日に発売した。同時に福祉車両「ハーティーラン」シリーズにも改良を加えた。

3リッターV6「GDI」エンジンがカタログから落とされ、2.4リッター直4GDIユニットに集約された。また上級グレードにメッキ処理したバンパープロテクトモールを採用したほか、標準装備のオーディオをカセットプレイヤーからMDプレイヤーに変更するなどした。
価格は、「VIE」の204.0万円(2WD)から、「SUPER EXCEED」の289.0万円(4WD)まで。

福祉車両「ハーティーラン」シリーズの「助手席ムービングシート仕様車」(ベース車+42.5万円)には、リモコン機能をオプション設定、「サイドムービング仕様車」(同プラス51.0万円)には専用ドアトリムカバーを採用して、足もとスペースを拡大した。

(webCG 有吉)

 
三菱「シャリオグランディス」、一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱グランディススポーツギア 6人乗り(FF/4AT)【ブリーフテスト】 2005.12.13 試乗記 ……326万250円
    総合評価……★★★

    2005年5月にマイナーチェンジされ、内外装を一新した「三菱グランディス」。追加された新グレード「スポーツギア」に試乗した。


  • 三菱デリカD:3 G(FF/4AT)【試乗記】 2011.12.6 試乗記 三菱デリカD:3 G(FF/4AT)
    ……203万7000円

    日産からOEM供給を受けて登場した、三菱の5ナンバーサイズミニバン「デリカD:3」。商用車ベースのミニバンに試乗し、あらためて気づいたこととは。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 三菱グランディス エレガンス-X(FF/4AT)【ブリーフテスト】 2003.8.12 試乗記 ……287.5万円
    総合評価……★★★★

    「世界のわがまま」をキャッチフレーズに、“スタイリッシュ”を狙った3列シートミニバン「グランディス」。三菱の経営再建計画「ターンアラウンド」の戦略モデルに、モータージャーナリストの生方聡が乗った。


ホームへ戻る