三菱「シャリオグランディス」、一部改良

2002.05.31 自動車ニュース

三菱「シャリオグランディス」、一部改良

三菱自動車は、6/7人乗りのミニバン「シャリオグランディス」を一部改良し、2002年5月28日に発売した。同時に福祉車両「ハーティーラン」シリーズにも改良を加えた。

3リッターV6「GDI」エンジンがカタログから落とされ、2.4リッター直4GDIユニットに集約された。また上級グレードにメッキ処理したバンパープロテクトモールを採用したほか、標準装備のオーディオをカセットプレイヤーからMDプレイヤーに変更するなどした。
価格は、「VIE」の204.0万円(2WD)から、「SUPER EXCEED」の289.0万円(4WD)まで。

福祉車両「ハーティーラン」シリーズの「助手席ムービングシート仕様車」(ベース車+42.5万円)には、リモコン機能をオプション設定、「サイドムービング仕様車」(同プラス51.0万円)には専用ドアトリムカバーを採用して、足もとスペースを拡大した。

(webCG 有吉)

 
三菱「シャリオグランディス」、一部改良の画像

関連キーワード:
グランディス三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱デリカD:3 G(FF/4AT)【試乗記】 2011.12.6 試乗記 三菱デリカD:3 G(FF/4AT)
    ……203万7000円

    日産からOEM供給を受けて登場した、三菱の5ナンバーサイズミニバン「デリカD:3」。商用車ベースのミニバンに試乗し、あらためて気づいたこととは。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
  • 日産セレナNISMO(FF/CVT)【試乗記】 2018.2.23 試乗記 「日産セレナ」に、見た目と走りをスポーティーに仕立てた「セレナNISMO」が登場。日産のモータースポーツ部門の名を冠したミニバンは、ドライバーのスポーツドライビング欲求を満たすのみにあらず! 同乗する家族も幸せにする、トータル性能の高い一台に仕上がっていた。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ(6人乗り)(FF/6AT)【試乗記】 2018.2.15 試乗記 マツダが新たに開発した3列シートのSUV「CX-8」は、ミニバンに代わる選択肢になり得るか? ドライバーとその家族の目線で試乗してみると、このクルマならではの持ち味が見えてきた。
  • レクサスRX450hL/NX300“Fスポーツ”/CT200h“バージョンL”【試乗記】 2018.2.20 試乗記 電動格納式サードシートを採用した、7人乗りのロングバージョン「RX450hL」が登場。レクサスブランドを支えるSUVモデル、そのアドバンテージとは? 昨年登場した「NX」「CT200h」のマイナーチェンジモデルとともにリポートする。
ホームへ戻る