トヨタ「センチュリー」用のCNGエンジンが完成

2002.06.03 自動車ニュース

トヨタ「センチュリー」用のCNGエンジンが完成

トヨタ自動車は、二酸化炭素の排出量が少ないCNG(圧縮天然ガス)仕様のエンジンを、最高級車「センチュリー」用に開発したと、2002年5月31日に発表した。

今回開発したCNGシステムは、センチュリーに搭載される5リッターV12エンジンをベースに、シリンダーヘッドなどの主要部品や燃料系を変更し、高性能触媒を採用したもの。これにより、国土交通省の低排出ガス車認定制度における「平成12年基準排出ガス75%低減レベル(超−低排出ガス)」に相当するクリーンな排気を実現した、という。
ベースエンジン同様、左右バンク6気筒毎の独立制御により、電子制御部品等が万が一故障しても片側6気筒での運転を可能とした「フェイルセーフ」も引き続き備わる。
なお最高出力は、ベース車比で22psダウンの258ps/5200rpm、最大トルクは7.7kgm落ち41.3kgm/4000rpm。200リッターのボンベを積み、1回の充填で350kmを走るという。

このCNGシステムを搭載したセンチュリーは、2003年1月に発売予定。2002年6月1、2日に東京は代々木公園で開催される低公害車フェアに参考出品されるという。

(webCG 有吉)

 
トヨタ「センチュリー」用のCNGエンジンが完成の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る