【Movie】「フェラーリ&マセラティ」展の“作品”紹介(その14)

2002.06.03 自動車ニュース
 
【Movie】「フェラーリ&マセラティ」展の“作品”紹介(その14)

【Movie】「フェラーリ&マセラティ」展の“作品”紹介(その14)

東京都江東区にある東京都現代美術館で、2002年4月27日から同年7月14日まで「ARTEDINAMICA 疾走するアート:フェラーリ&マセラティ」展が開催される。



 
【Movie】「フェラーリ&マセラティ」展の“作品”紹介(その14)

たった1回のレースを走るためだけに製作された、マゼラーティの歴史的なレーシングカー「420M エルドラド」。アメリカの有名な耐久レース、インディアナポリス500マイルを走るレーシングカーと、欧州のレーシングカーを対決させるため、イタリアはモンツァで開催された「モンツァ500マイル」レースのための、特製レーシングカーだ。ドライバーには、イギリスの人のスターリング・モスが起用された。



 
【Movie】「フェラーリ&マセラティ」展の“作品”紹介(その14)

マゼラーティ 420M エルドラド

エンジン:フロント、90°V型8気筒
総排気量:4190.4cc
最高出力:410bhp/8000rpm
シャシー:鋼管フレーム、アルミボディ、インディアナポリス規格
車両重量:758kg
生産台数:1製造年:1958〜1959年
設計:マゼラーティ社レーシング部門



 
【Movie】「フェラーリ&マセラティ」展の“作品”紹介(その14)

マゼラーティ 420M エルドラド

(撮影・編集=カネヨシ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。