三菱「ランサーセディア」にスポーティな特別仕様車

2002.06.03 自動車ニュース

三菱「ランサーセディア」にスポーティな特別仕様車

三菱自動車は、「ランサーセディア」と「ランサーセディアワゴン」に、スポーティさを演出した特別仕様車「スポーツエディション」を設定、2002年5月29日に発売した。さらにランサーセディアに新グレードを追加し、同日販売を開始した。

セダン「ランサーセディア・スポーツエディション」は、「Touring」(1.5リッター/2WD/スポーツモード 6-CVT)をベースに、光輝タイプの5本スポーク15インチアルミホイールや、本革巻きステアリングホイール、シフトノブ、パーキングレバーグリップなどを与えた、スポーティとスタイリッシュをウリとする特別仕様車。ステアリングホイールにはシフトスイッチが備わる。
価格は165.0万円。

一方のワゴン版(写真)は、2002年1月に発売した「スポーツエディション」に次ぐ第2弾、その名も「スポーツエディションII」。ステアリングホイールのシフトスイッチを新採用、さらに2WDに加え4WDも選べるのがIIの特徴だ。 サスペンションは15mmローダウン化(2WDのみ)、16インチのメッキ調アルミホイールで足もとを飾り、室内はブラックモノトーンを基調色とする。
価格は、1.8リッター+2WDが176.0万円、同4WDは196.0万円。1.8リッターターボモデルは、当面、194.0万円の2WDのみだが、8月にヨンク版が登場予定という。

ランサーセディアの新グレード「MX-E 4WD」は、それまで最量販グレード「MX-E」(1.5リッター)になかった4WDを追加設定したもの。4WDは、VCU(ビスカスカップリング)方式となる。149.8万円。

(webCG 有吉)

 
三菱「ランサーセディア」にスポーティな特別仕様車の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る