【Movie】「フェラーリ&マセラティ」展の“作品”紹介(その15)

2002.06.04 自動車ニュース
 
【Movie】「フェラーリ&マセラティ」展の“作品”紹介(その15)

【Movie】「フェラーリ&マセラティ」展の“作品”紹介(その15)

東京都江東区にある東京都現代美術館で、2002年4月27日から同年7月14日まで「ARTEDINAMICA 疾走するアート:フェラーリ&マセラティ」展が開催される。



 
【Movie】「フェラーリ&マセラティ」展の“作品”紹介(その15)

フロントにエンジンを載せる、フェラーリのフォーミュラマシン「246 F1」をピックアップ。フェラーリがFRマシンでワールドチャンピオンシップに勝った、最後のクルマです。

フェラーリ 246 F1
エンジン:ティーポ143、フロント縦置き、65°V型6気筒
総排気量:2417.337cc
最高出力:280bhp/8500rpm
シャシー:ティーポ528
製造年:1958年
設計:フェラーリ社レーシング部門



 
【Movie】「フェラーリ&マセラティ」展の“作品”紹介(その15)

(撮影・編集=カネヨシ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。