トヨタとGMの合作「VOLTZ」、アメリカで生産開始

2002.06.06 自動車ニュース
 

トヨタとGMの合作「VOLTZ」、アメリカで生産開始

トヨタ自動車は、同社と米ゼネラルモーターズ(GM)の合弁会社「New United Motor Manufacturing,Inc.(NUMMI)」が、日本向けの新型車「VOLTZ(ヴォルツ)」の生産を開始したと、2002年6月4日に発表した。



 

「VOLTZ」は、トヨタとGMの共同開発により生まれたニューモデル。アメリカでは「ポンティアック・ヴァイブ(Pontiac Vibe)」の名前で、2002年1月から販売されている。今回NUMMIで生産が始まった右ハンドルモデルは、日本へ輸入された後、トヨタの「ネッツトヨタ店」を通じ販売される。発売は2002年8月の予定。

NUMMIは、トヨタとGMが50%ずつ出資し、1984年に米カリフォルニア州フリモント市に設立された。2001年の生産台数は、「カローラ」などトヨタ車が30万5691台、GMブランドは「シボレー・プリズム(Prizm)」が4万6049台造られたという。


2001年10月の第35回東京モーターショーに参考出品された「VOLTZ」。資料には、ミニバンのスペース、クーペのスポーティさ、SUVの力強さ、セダンの実用性などの要素を取り入れた、“新ジャンルのスポーツユーティリティワゴン(SUワゴン)”と謳われる。
全長×全幅×全高=4365×1775×1600mm、ホイールベース2600mm。心臓部に、トヨタ製1.8リッター直4「2ZZ-GE」エンジンを載せる。(以上3枚の写真は、東京モーターショーの資料から)
 

トヨタとGMといえば、日米貿易摩擦を緩和するため、1996年1月からトヨタ店で販売された「キャバリエ」が有名。GMがトヨタの協力を得て開発した右ハンドル車として、GM製の2.4リッター直4エンジン、4段ATなどを4ドアセダンと2ドアクーペに搭載。「2.4リッターで149.9万円から!」という破格の安さにもかかわらず、売れ行きは芳しくなく、当初予定していた5年の販売期間を短縮し、2000年に生産中止となった。

新作「VOLTZ」が日本市場でどう戦うか、今後に注目したい。

(webCG 有吉)


こちらは、2001年1月に開かれたデトロイトショーに出品された「ポンティアック・ヴァイブ」。
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。