富士重工、レガシィ「B4」天然ガス仕様を開発

2002.06.06 自動車ニュース

富士重工、レガシィ「B4」天然ガス仕様を開発

富士重工業は、レガシィ「B4」ベースのCNG(圧縮天然ガス)仕様車、「B4 CNG」を、2002年5月28日に発表。6月1、2日に東京は代々木公園で開催された低公害車フェアに参考出品した。

国内唯一のセダン4WDのCNG車と謳われる「レガシィB4 CNG」は、二酸化炭素の排出量が少ないCNGを燃料とする低公害車だ。
ベースとなった「RS」の2リッター水平対向4気筒DOHCエンジンから、可変バルブタイミング「AVCS(Active Valve Control System)」を外す一方で、CNG車専用の電子制御燃料噴射装置を搭載。平成12年基準排出ガス75%低減レベル「超-低排出ガス(U-LEV)」相当の性能を実現したという。
アウトプットは、最高出力がベースモデルより28ps低い127ps/6000rpm、最大トルクは同じく3.7kgm下がり、16.3kgm/4400rpmとなる。
タンク容量は152リッターで、一回の充填で410kmの走行が可能という。

この「B4 CNG」は、群馬県太田市に天然ガス充填スタンドができる2002年10月から、群馬県庁と太田市役所の公用車、太田市と伊勢崎市のガス供給事業者、関連会社の社有車として、当面10台が運用され、データ収集、実用評価などが行われるという。

(webCG 有吉)

富士重工、レガシィ「B4」天然ガス仕様を開発の画像

関連キーワード:
レガシィB4スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)/レガシィB4リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2017.10.25 試乗記 より走りに磨きをかけた「BRZ」の新グレード「STI Sport」と、このほどマイナーチェンジを受けた旗艦車種「レガシィ アウトバック/B4」。スバルの2つの最新モデルには、走りの方向性は違えど、このメーカーならではの確かなアイデンティティーが感じられた。
  • スズキGSX-R1000R ABS(MR/6MT)【レビュー】 2017.10.26 試乗記 「The Top Performer」という潔いうたい文句とともに、「スズキGSX-R1000R」がいよいよ日本に正規導入された。世界耐久選手権やMotoGPの技術が取り入れられたという旗艦モデルの走りとは? 公道での試乗を通し、実力の一端を垣間見た。
  • スバル・レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight(4WD/C... 2017.11.4 試乗記
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記