CART第5戦、ダ・マッタ優勝

2002.06.10 自動車ニュース

CART第5戦、ダ・マッタ優勝

CART第5戦「ブリヂストン・グランプリ・オブ・モンテレー・フィーチャリング・ザ・シェル300」決勝が、2002年6月9日、米カリフォルニア州のラグナセカ・レースウェイ(3.58km)を87周して行われた。開幕戦ウィナーのクリスチアーノ・ダ・マッタ(ローラ/トヨタ)が82周をリードし、今シーズン2勝目を飾った。2位はダ・マッタのチームメイト、クリスチャン・フィッティパルディ。以下、3位ケニー・ブラック、4位ブルーノ・ジュンケイラと、ローラシャシーとトヨタエンジンが上位を独占した。

スピンから復帰したパトリック・カーポンティエ(レイナード/フォード)が5位、ホンダエンジン最高位は、マイケル・アンドレッティの11位だった。
18番手スタートの中野信治(ローラ/ホンダ)は14位でフィニッシュ、8位スタートの高木虎之介(レイナード/トヨタ)は16位で終えた。

5戦を消化した2002年シーズン。唯一2つの勝ち星をしるしているダ・マッタがチャンピオンシップポイントを51点としトップ。このレース9位のミシェル・ジョルダインJr.が5ポイント差で2位。その3点後ろに、フィッティパルディがつく。
チャンピオンシップリーダーが毎回変わるCARTシリーズ。あるドライバーが圧倒的にリードしている某世界選手権とは大違い(!?)。

次戦は6月16日、ポートランドで開かれる。

(webCG 有吉)

CART第5戦、ダ・マッタ優勝の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。