トヨタ「ラウム」などにカーナビ装着の特別仕様車

2002.06.11 自動車ニュース

トヨタ「ラウム」などにカーナビ装着の特別仕様車

トヨタ自動車は、「ラウム」「bB」「ファンカーゴ」「ヴィッツ」「デュエット」「イプサム」に、ボイスナビゲーションを与えた特別仕様車「ナビスペシャル」を設定、2002年6月3日に発売した。

●ラウム「セパレート“Wiseセレクション・ナビスペシャル”」(写真)
「セパレート」をベースに、メッキグリルなど、2002年4月8日に発売した特別仕様車「Wiseセレクション」の内容を盛り込んだモデルだ。159.8万円(2WD)と179.8万円(4WD)。

●bB「S“Wiseセレクション・ナビスペシャル”」
ベースモデル「S」に、UVカット機能付きプライバシーガラスやリモコンキー、電動格納式リモコンカラードドアミラーなどを特別装備。ボディ色は「ブラック」など全6色を用意する。139.8万円(1.3リッター+2WD)と159.8万円(1.5リッター+4WD)。ナビゲーションを装着しないモデルは、10.0万円安。

●ファンカーゴ「X Limitedナビスペシャル」
カラードリアスポイラーや専用ホイールキャップでお化粧。135.0万円(1.3リッター+2WD)と157.0万円(1.5リッター+4WD)。ベンチシートを採用した「Pair Bench Package」は2.0万円高。

●ヴィッツ「F/U“Dパッケージ・ビューティフルセレクション・ナビスペシャル”」
リモコンキーや電動格納式リモコンカラードドアミラーなどを付与した。「F」ベースが114.5万円(1リッター+2WD)と136.0万円(1.3リッター+4WD)、「U」ベースは1.3リッター+2WDのみで、120.5万円。

●デュエット「1.0V“Classicナビスペシャル”」
「1.0V」がベース。CD・MD一体型AM/FMマルチ電子チューナー付きラジオ、レザー調シート、本木目&本革3本スポークステアリングホイールなどを奢った。110.8万円(5段MT+2WD)から133.3万円(4段AT+4WD)まで。ナビ非装着車は6.0万円安。

●イプサム「240i“type Sナビスペシャル”」
「240i」に、死角部分を表示する「ブラインドコーナーモニター」や音声ガイダンス機能付きバックガイドモニター、エアロパーツなどを追加した。256.0万円(2WD)と280.0万円(4WD)。ナビなしは29.0万円安。

(webCG 有吉)

 
トヨタ「ラウム」などにカーナビ装着の特別仕様車の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ【海外試乗記】 2017.8.12 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」から派生したワゴンタイプの新型車「パナメーラ スポーツツーリスモ」にカナダで試乗。既存のパナメーラとの違いを含め、その走りや使い勝手を報告する。
ホームへ戻る