【Movie】2台の大型ミニバン、一騎打ち!(その4)

2002.06.14 自動車ニュース
 
【Movie】2台の大型ミニバン、一騎打ち!(その4)

【Movie】2台の大型ミニバン、一騎打ち!(その4)

webCGコンテンツエディター青木 禎之が、ニッサン「エルグランド」とトヨタ「アルファード」の開発責任者に、ライバル車を煽る質問で鋭く突っ込む! 両者のインタビューをムービーにて比較!


アルファードの、2.4リッター直4DOHCエンジン。159ps/5600rpmの最大出力と、22.4kgm/4000rpmの最大トルクを発生する。
 
【Movie】2台の大型ミニバン、一騎打ち!(その4)

「最上級ミニバン」を標榜する、トヨタ「アルファード」。なのに、エンジンラインナップには2.4リッター直列4気筒も用意される。“最上級”なのに、ナゼ直4もあるのだろうか。岩田秀行チーフエンジニアに聞いた。

【“最上級”なのに、ナゼ4気筒?】

2.4リッター直4の他には、すでに紹介した3リッターV6もラインナップ。では、あえて直4を選択する理由はなんだろうか?

【4気筒を選ぶ意味】

(撮影=難波ケンジ/編集=カネヨシ)


エルグランドのパワートレイン。
 
【Movie】2台の大型ミニバン、一騎打ち!(その4)

ライバル「アルファード」は、3リッターと2.4リッターの2種類。しかし「エルグランド」は、3.5リッターV6の1種類のみである。そのワケを、庄ノ洋一チーフ・プロダクト・スペシャリストに聞いた。

【3.5リッター1本】

3.5リッターという乗用車として大きな排気量。そのプレミアム度は?

【大排気量のプレミアム度】

エルグランドは、先代と同じFRの駆動方式を採った。あえてFRにこだわった、そのワケは? さらに、低床化による室内空間の広さと、ミニバンならではの“高さ”の、微妙な兼ね合いについて聞いた。

【FF採用の検討は?】

(撮影/編集=カネヨシ)

関連キーワード:
エルグランドアルファード日産トヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • カワサキZ900RS(MR/6MT)【レビュー】 2018.3.30 試乗記 往年の名車「Z1」を思わせるデザインをまとって登場した、カワサキの新型バイク「Z900RS」。その走りは、ベテランライダーの期待に応えてくれるのか。Z1のオーナーでもあるモーターサイクルジャーナリスト、後藤 武が試乗した。
  • 第425回:「壊れない日本車」はこうして生まれる
    「日産NV350キャラバン」の開発現場を取材
    2017.7.13 エディターから一言 ビジネスユースはもちろん、レジャーや趣味のお供としても高い支持を集める日産のワンボックスカー「NV350キャラバン」。同車の開発を担う日産車体への取材を通し、世界中で支持される「壊れない日本車」の秘密を知った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)/CX-5 25Sプロアクティブ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.4.6 試乗記 デビューから1年で早くもマイナーチェンジを受けた「マツダCX-5」に試乗。「CX-8」と同じ「スカイアクティブ-D 2.2」や気筒休止機構を搭載した「スカイアクティブ-G 2.5」など、エンジンに大幅な改良が施された最新モデルの走りをリポートする。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」がデビュー。ワゴンとSUVのクロスオーバーとうたわれるニューモデルとはいえ、第一印象はどう見てもデカい「ハスラー」だが……。試乗を通じて見えてきた“兄貴”ならではの魅力を報告する。
ホームへ戻る