【Movie】2台の大型ミニバン、一騎打ち!(その4)

2002.06.14 自動車ニュース
 
【Movie】2台の大型ミニバン、一騎打ち!(その4)

【Movie】2台の大型ミニバン、一騎打ち!(その4)

webCGコンテンツエディター青木 禎之が、ニッサン「エルグランド」とトヨタ「アルファード」の開発責任者に、ライバル車を煽る質問で鋭く突っ込む! 両者のインタビューをムービーにて比較!


アルファードの、2.4リッター直4DOHCエンジン。159ps/5600rpmの最大出力と、22.4kgm/4000rpmの最大トルクを発生する。
 
【Movie】2台の大型ミニバン、一騎打ち!(その4)

「最上級ミニバン」を標榜する、トヨタ「アルファード」。なのに、エンジンラインナップには2.4リッター直列4気筒も用意される。“最上級”なのに、ナゼ直4もあるのだろうか。岩田秀行チーフエンジニアに聞いた。

【“最上級”なのに、ナゼ4気筒?】

2.4リッター直4の他には、すでに紹介した3リッターV6もラインナップ。では、あえて直4を選択する理由はなんだろうか?

【4気筒を選ぶ意味】

(撮影=難波ケンジ/編集=カネヨシ)


エルグランドのパワートレイン。
 
【Movie】2台の大型ミニバン、一騎打ち!(その4)

ライバル「アルファード」は、3リッターと2.4リッターの2種類。しかし「エルグランド」は、3.5リッターV6の1種類のみである。そのワケを、庄ノ洋一チーフ・プロダクト・スペシャリストに聞いた。

【3.5リッター1本】

3.5リッターという乗用車として大きな排気量。そのプレミアム度は?

【大排気量のプレミアム度】

エルグランドは、先代と同じFRの駆動方式を採った。あえてFRにこだわった、そのワケは? さらに、低床化による室内空間の広さと、ミニバンならではの“高さ”の、微妙な兼ね合いについて聞いた。

【FF採用の検討は?】

(撮影/編集=カネヨシ)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 第54回:光り輝く激安BMW 2017.8.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第54回は「光り輝く激安BMW」。次なる“牛丼車”として「BMW 320d」を選んだ筆者。だが、唯一気がかりなことが……。中古車買うならココを見ろ! 46台クルマを買ってきたカーマニアの勘がさえる。
  • 第431回:「NV350キャラバン」の荷室には夢が一杯!
    メディア対抗カート大会にwebCGチームが参戦
    2017.8.11 エディターから一言 「日産NV350キャラバン」のマイナーチェンジを記念して(?)開催されたメディア対抗カート大会に、webCGチームが参戦。レインコンディションで行われた、熱いバトルの様子をリポートする。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
ホームへ戻る