【ルマン24時間】アウディ“三人衆”が3連勝達成!

2002.06.16 自動車ニュース

【ルマン24時間】アウディ“三人衆”が3連勝達成!

フランスはルマンで行われていた第70回ルマン24時間レースが、2002年6月16日午後4時(日本時間午後11時)ゴールを迎えた。優勝は、アウディスポーツ・チームヨーストのNo.1アウディR8。ビエラ/ピッロ/クリステンセンは見事3連勝を達成、同一ドライバーの連勝記録を塗り替えた。周回数は375周、走行距離は5205kmだった。

2位は1周遅れでアウディスポーツ・ノースアメリカのNo.2アウディR8(カペッロ/ハーバート/ペスカトーリ組)、3位はトップの3周遅れでチームヨーストのNo.3アウディR8(ルム/ペーター/ヴェルナー組)。アウディR8は、2000年のデビューイヤーにつぐ1-2-3位フィニッシュを飾った。

チームベントレーのNo.8ベントレーEXP Speed 8が4位。71年ぶりに復活した昨年は3位フィニッシュだったが、今年は惜しくも表彰台を逃した。1位との差は13周だった。
5、6位はチームORECAのNo.15、No.14ダッラーラ・ジャッド、トップから14周遅れだった。
7位は、アウディスポーツ・ジャパン・チームゴウのNo.5アウディR8(荒聖治/加藤寛規/ヤニック・ダルマス組)。一時は5位を走行するも、土曜日に冷却系/ステアリング系トラブルが発生し、30分以上のピットストップ。この遅れが最後まであとをひいたかたちとなった。

8位はレーシング・フォー・ホーランドのNo.16童夢ジャッド、9位チームキャディラックのNo.6キャディラック、10位ペスカローロスポーツのNo.17クラージュ・プジョーだった。

LMP675クラスの優勝はNo.29レイナードVWで総合19位、GTSクラスは総合11位のコーヴェットレーシングNo.63シボレー・コーヴェットが制した。レーサーズグループのNo.81ポルシェ911GT3がGTクラス優勝、総合で16位に入った。すべて日本人ドライバーでのぞんだチームタイサンのNo.77ポルシェ911GT3(飯田章/余郷敦/西澤俊之組)は、316周を周回し、クラス3位でフィニッシュ。総合では21位だった。

50台が出走した今年のルマン、完走したのは、27台だった。

(webCG 有吉)

【ルマン24時間】アウディ“三人衆”が3連勝達成!の画像

プライベートチームとして、昨年型のチャンピオンマシン、アウディR8で戦った、チームゴウのNo.5は、7位完走をはたした。

プライベートチームとして、昨年型のチャンピオンマシン、アウディR8で戦った、チームゴウのNo.5は、7位完走をはたした。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。