【ルマン24時間】3時間経過、アウディがトップ3

2002.06.16 自動車ニュース

【ルマン24時間】3時間経過、アウディがトップ3

第70回ルマン24時間レースは、スタートから3時間が経過した。No.2とNo.1のアウディ「R8」が、レース開始から1-2体制を保ったまま。フォーメーションラップでスローパンクチャーに見舞われ順位を大きく落としたNo.3アウディも3位まで追い上げてきた。
1年落ちのR8を手に入れた郷和道率いる「アウディ スポーツ ジャパン チームゴウ」(写真)は、一時3位を走行、現在は5位と、たえず表彰台を狙えるポジションにいる。

4位はMG-Lola EX257。LMP675クラスながら、トップカテゴリーのLMP900クラスに割って入る活躍を見せている。
以下、6、7位にチームORECAのダッラーラ・ジャッド、8位レーシング・フォー・ホーランド・ドームの童夢S101、9位クラ−ジュコンペティションのクラ−ジュ・ジャッド、10位チームキャディラックのキャディラック・ノーススターLMP-2。ベントレーEXP Speed 8は、11位だ。

日本勢では、寺田陽次郎のチーム、オートエグゼモータースポーツのオートエグゼ・マツダ2616Rが、スタートから30分弱後にコース脇にストップ。トランスミッションのトラブルでリタイアした。
スタートから2時間を過ぎ、16位を走行していた近藤真彦率いるコンドーレーシングの童夢は、3速をなくし、長時間のピットインを余儀なくされた。現在は41位を走行している。

(webCG 有吉)

【ルマン24時間】3時間経過、アウディがトップ3の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。