【ルマン24時間】ゴールまで2時間、波乱の予感?

2002.06.16 自動車ニュース

【ルマン24時間】ゴールまで2時間、波乱の予感?

いよいよ第70回ルマン24時間レースにも、クライマックスのゴールが近づいてきた。暑いルマンから、自動車ジャーナリストの金子浩久がクールなリポートをお送りする。

■GTクラス、モーガン去って、ポルシェが残った
今年は多彩なマシンがGTS、GTクラスにエントリー、ファンの期待を背負っていたが、朝を迎えたあたりで多くのマシンがリタイアを余儀なくされた。現在トラック上を走っているのは、ポルシェ911GT3、シボレー・コーヴェット、ダッヂ・バイパーというルマンの常連たちばかり。

プロドライブからエントリーした紅いフェラーリ550マラネロは、予選、そしてスタート直後こそコーヴェットやバイパーをリードし、GTSクラス首位をキープし続けていたが、午前4時50分、カーティングコーナーを走行中にエンジンから出火しリタイア。かわってコーヴェットがクラストップに躍り出て、バイパーが続いた。
さすがに名門チーム、プロドライブだけあって、ピット作業などオペレーションの水準は高かった。好成績が期待されていただけに、リタイアは残念だ。

フェラーリは、JMBレーシングから2台の360モデナがエントリーしていたが、昨日のNo.70のアクシデントによるリタイアに続き、残るNo.71にも電気系トラブルが発生、午前3時30分に戦列を離れた。
また、もう1台の360モデナ(No.74)も電気系トラブルでピットインを繰り返していたが、午前6時12分に息の根を止めた。これでフェラーリは全滅。

ルマン初参戦のスパイカーは、スタートから12時間30分を経過したところで、エンジンのバルブ系トラブルでリタイアした。
クラシカルなルックスが一際目立つモーガン・エアロ8は、リアアクスル交換を繰り返し、一時はコースに復帰したが、午前11時前に棄権。原因はエンジントラブルだった。
これにより、GTクラスの生き残りはポルシェ911GT3だけとなった。
ポルシェ同士では、フライジンガーモータースポーツのNo.80とレーサーズグループのNo.81がトップ争いを続けている。コースサイドで見ていると、No.80のコーナリング時の安定感が際だっていた。

■インディアナポリスコーナーはイイ感じ
さすがに天下のルマン24時間レースとなれば、コースの管理は厳しく、持っている入場券によって入れるところと入れないところが決まってしまう。しかし、グランドスタンド周辺を離れ、インディアナポリスコーナーぐらいまで遠くにくると、土手の観客席に寝ころびながらビールを飲んで観戦している人がたくさんいるのだ。
インディアナポリスコーナーは、マシンのスピードも遅く、進入から脱出まで見渡せるポイント。ドライバーとマシンによるコーナリングの違いなどを観察でき、オススメの観戦場所である。

ストレートから減速を始めるところを眼で見て、マシンを当てるのはなかなか大変だけど、エンジンサウンドでマシンを判断するというのは面白い。たとえば、「シューン」という静かな音が速く近づいてくるようだったら、それはアウディR8に間違いない。R8は音量・音圧ともに小さく、それでいて速いから、市販車のA8やS8を思いおこさせる。

R8と共通する部分が多いベントレーEXP Speed 8は、似ていながらも、もっと重低音が強調された感じ。外見上の特徴と併せて、なにか重戦車のように聞こえる。

2リッターターボのローバー製4気筒エンジンを載せたMGは、乾いた音。ペイノズに搭載される無限の4リッターV8は、おなじみのカン高い音だ。ORECAダッラーラや童夢、アスカリなど多くのマシンが採用したジャドのNA4リッターV10エンジンは、メゾソプラノで音量が大きい。

それより大きかったのが、モーガンのBMW製V10だ。このエンジンは、スパイカーも用いているが、スパイカーはモーガンほどにはうるさくはなかった。

■レース終盤、そろそろ波乱の予感?
トップを走る3台のアウディR8も、安泰とはいえない。続発するパンクや、No.1におきたスタータートラブルなど、22時間を過ぎ方々でガタがきている。
4位ベントレーには10周以上のアドバンテージを持っているから、今のところ差し迫った危機はないものの、心配されるのは気温の高さ。ゴールが近づいてくるにつれみるみる上昇し、今は30度をこえている。雲がないのでさらに上昇すると思われる。ドライバーの疲労、マシンの消耗などによるアクシデントやトラブルがおこらないとも限らない。

(リポート&写真=金子浩久)




この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。