【ルマン24時間】6時間経過、チームゴウにトラブル

2002.06.16 自動車ニュース

【ルマン24時間】6時間経過、チームゴウにトラブル

スタートから6時間、4分の1を消化した第70回ルマン24時間レース。サルトサーキットは午後10時を過ぎ、徐々に夜の闇が迫りつつある。

トップ3は引き続きアウディ「R8」が独占。しかしまったくのノートラブルというわけではなかった。
2位を走っていたNo.1のアウディは、トム・クリステンセン(写真)がドライブしている際、イエローフラッグ中に前車をパスしたことでストップ/ゴーのペナルティを受け、約30秒をロス。トップを走るNo.2アウディとの差が拡がった。
しかしそのNo.2にも問題発生。スタートから3時間40分たった58周目、ペスカトーリ駆るR8のタイヤがバーストし、首位をNo.1アウディに明け渡した。
もう1台のワークスアウディ、ヴェルナーが運転するNo.3もバースト。どうやら、コース上のラインをはずして走行する際、ゴミを拾いパンクがおきるらしい。
とはいえ、どれも致命的な問題ではなく、アウディは予想通りといっていい1-2-3位のポジションを守っている。

心配なのはチームゴウのアウディだ。まもなく6時間というときに、急遽ピットイン。No.5のマシンはガレージでカウルを開けられ、メカニックはあわただしく作業を始めた。それまで順調に5位を走行していたが、順位は大きく落ち込んでしまうだろう。原因など詳しい情報はまだ入っていない。

No.26 MGの健闘が光る。No.3アウディがパンクで遅れ、一時は3位まで上昇。現在は4位の位置につけている。No.16童夢S101も5位と好調。11位スタートのベントレーEXP Speed 8は、トップから4周遅れの6位までポジションを上げてきた。
終始安定しているチームORECAのダッラーラ・ジャッドが7、8位。ペスカローロスポーツのNo.17クラ−ジュ・プジョーが9位、No.6キャディラックノーススターLMP-2が10位につける。

日本勢は、コンドーレーシングのNo.9童夢が30位、ドライバー3名すべて日本人(飯田章/余郷敦/西澤俊之)というチームタイサンのNo.77ポルシェ911GT3が31位。

GTSクラストップは、ラリーチームとしても名高いプロドライブのNo.58フェラーリ550マラネロ。総合でも15位と上位につけている。No.63シボレー・コーヴェットがクラス2位。フライジンガーモータースポーツのNo.80ポルシェ911GT3がGTクラスの首位。総合では15周遅れの26位だ。

現在まで、公式なリタイアは、寺田陽次郎のオートエグゼ・マツダを含め、3台。47台が生き残っている。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。